イソップ寓話
1投稿者:井上一彦  投稿日:2003年05月24日(土) 23時21分10秒
放置して結構です。

「蝿と蜂蜜」

ある倉庫で蜂蜜の詰まった壺が倒れて、蜂蜜がこぼれた。
この匂いにつられて蝿が寄ってきてペロペロと舐めた。
気がつくと、すっかり羽まで蜂蜜まみれになりもう蜂蜜
から抜け出せなくなってしまった。蝿はこう呟いた。
「ああ、一瞬の快楽に気を緩めてしまい、気がつけばもう
助からない。」

どこかの馬鹿に言って聞かせる話である。
2投稿者:井上一彦  投稿日:2003年05月24日(土) 23時24分38秒
「某固定とオフ」

ある所に嫌われ者の固定が居た。その固定はオフに参加したくて堪らなかったが、
けして誘われることはなかった。そこで、その固定は
「あのオフは酷くつまらなく、碌な固定も参加していない下らないものだ」
と言ってケラケラ笑った。


どこかの馬鹿に言って聞かせる話である。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月24日(土) 23時30分00秒
ラーメン屋で、ラー油のビンの中に蝿が飛び込んで動かなくなったのを見たことがある。
4投稿者:子供服  投稿日:2003年05月24日(土) 23時31分37秒
>碌な固定も
というところで、「ろくでなし」とか「ろくでもない」とかの「ろく」って、
「碌」のことなのかあ、と思って調べたら単なるあて字か。
5投稿者:井上一彦  投稿日:2003年05月24日(土) 23時34分34秒
ろくでなしのろくは碌を当てるときがあります。等閑はなかなか読みにくいですけど、ひらがなにすると簡単ですね。
あとは、溌剌も漢字ではぜんぜん読めなかったです。
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月24日(土) 23時40分28秒
ところできみのその名前は本名かい?
7投稿者:腐れ厨房(゚腐゚)  投稿日:2003年05月25日(日) 00時05分46秒
なんて アーウィ いいかたー♪
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月25日(日) 00時10分09秒
ああ、ろくでなしね。
9投稿者:井上一彦  投稿日:2003年05月26日(月) 00時02分58秒
「縁と舳」

ある所にとても仲が悪い二人の男が居た。ある日、同じ船に乗り合わせた。
相も変わらず、喧嘩になったのでそれぞれ縁と舳に分かれて座ることにした。
その船が運悪く嵐に巻き込まれ、いよいよ沈没しようとした時、舳に座って
いた男が船乗りに聞いた。「おい、どっちから先に沈むんだ」
すると船乗りが答えるには縁の方が先に沈んでいるとのことであった。
これを聞いて、男は「そうか、あいつが先に死ぬのなら、俺は死んでもかまわん!」

この話は、救いがない馬鹿に聞かせる話である。
10投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月26日(月) 09時27分36秒
泣き虫先生のラグビー部の話しは?(゚Д゚≡゚Д゚) 
投稿者 メール
(゚Д゚) <