霊能者・宜保愛子さんが胃がんで死去
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月09日(金) 13時58分51秒
http://www.zakzak.co.jp/top/t-2003_05/1t2003050906.html

霊能者で知られる宜保愛子さんが6日午前10時28分、胃がんのため入院先の病
院で死去していたことが9日、分かった。71歳だった。宜保さんの家族がフジテ
レビにFAXで伝えたもので、葬儀は故人の遺言により、すでに近親者だけで営ま
れたという。

宜保さんの家族が同局に寄せたFAXには「限りなくひっそりと静かに旅立ちたい
という故人の遺言により、密葬に致しました」と綴られ、「家族の悲しみが深いの
と、何より本人の望みをご理解頂き、マスコミ各社のみな様には静かにそっとして
いただきたいことを心からお願い申し上げます。宜保愛子の子供より」と記されて
いた。

今年1月、『宜保愛子の霊がよろこぶ法事・仏壇・お墓の供養』を編集したプロダ
クションの担当者は「今年に入って、次の仕事をしましょうという話になったが、
その後、『体調が悪いので休みます』ということだった。腰が悪いといっていたが、
入院していたことは知らなかった」と話す。宜保さん自身が死をテーマに扱ってい
たこともあり、「私が死んでも大騒ぎしないでね。私は静かにこの世とバイバイす
る」「私はいつ死んでもいい」「できれば葬式もやりたくない」などと話していた
という。

宜保さんは昭和7年1月、神奈川県横浜市生まれ。6歳のころから霊能力が芽生え、
霊視にすぐれているとされた。また、東南アジア、ヨーロッパの霊能者とも親交が
あり、日本だけでなく世界を舞台に活躍した。61年、テレビ出演を契機に、人気
が爆発。講演会が殺到するようになった。平成5年には、霊視の真偽をめぐって論
争が起こり、文化人や女性誌から集中攻撃を受けたこともある。以後は講演会など
を中心に活動を続けていた。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月09日(金) 13時59分28秒
おまー
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月09日(金) 13時59分43秒
ぎぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼ
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月09日(金) 14時00分18秒
テレビじゃあんまりニュースにならねーな
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月09日(金) 14時04分11秒
悪霊の毒気を浴びつつも71歳まで生きたのはすごい
投稿者 メール
(゚Д゚) <