人生で必要なものは
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 18時39分59秒
愛でもなく金でもなく、ましてや神様でもなく

心の余裕、、、つまりダジャレであることを確信いたしました
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 18時43分55秒 ID:Ipq42k4k
最近読み直した小説にいい事書いてたんだけど忘れた。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 18時50分01秒 ID:Ipq42k4k
あった、でも転載するのが面倒なほど長い。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 18時52分16秒 ID:Ipq42k4k
誰も書き込まないみたいだから、ちと転載してみっか。
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 19時02分48秒 ID:Ipq42k4k
前略・・・・
「諧謔」菅沼はつぶやいた。
「難しい言葉です。実践も維持も難しい。楽屋落ちのほうがよほど楽だ」
「当然だ」コックスは言った。
「諧謔に親しむには理性に裏付けられた知性が必要になる。
しかし、楽屋落ちで笑うのには知性はいらない。むろん理性も。
幼児的な感性さえあれば良い」
「確かに。いい歳をした男にとって、楽屋落ちで笑えたという事はけして自慢話にはならない。
人のあげあしを取って卑小な優越感を味わう事も」
「ああ」コックスはうなずいた。
「むしろ、恥すべき事だと思うね、君。
すくなくとも、自分の理性や知性が低いと公言できるような輩に敬意は抱きかねるよ、僕は。
そして君は知性の持ち主であると信じている。
無論、芸人は別だ。
芸人は食べるためにそれを披露する。
しかしそれすら職能にすぎない。一個人はまったく別さ。たとえ、芸事を生業としていても」
「たとえ楽屋落ちや揚げ足とりが面白く思えても、無理をして知らん顔しているべき、
そういうわけですね」菅沼は言った。
「それだよ」コックスは笑った。
「それこそが我々を自立した男子たらしめる」
「見栄ですな」
「まさにその通り。しかし成年男子にとって、それより重要なものなど存在しない、
そうじゃないか、君?特にこのような場所では」
・・・後略
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 19時04分35秒
「くだらないネタを面白いと思っても顔に出すな」程度のことを長々と一人かもかも
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 19時05分36秒 ID:Ipq42k4k
その1文を延々ダラダラと説明する所が好きなんだわな、
佐藤大輔。
8投稿者:毒鮪  投稿日:2003年05月02日(金) 19時07分24秒
かいぎゃく?読めはするが意味がわからない。
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 19時07分44秒
うそーん
10投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 19時11分05秒 ID:Ipq42k4k
かいぎゃく 0 【▼諧▼謔】

おどけておかしみのある言葉。気のきいた冗談。ユーモア。
「―を弄(ろう)する」
11投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 19時13分12秒
毒蝮と諧謔って見た目そっくりなんだから知っとこうよ
12投稿者:毒鮪  投稿日:2003年05月02日(金) 19時13分14秒
諧謔を弄したりすると何か悪いことをしているような感じがします。
13投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 19時15分54秒 ID:Ipq42k4k
「弄する」って言い方がなんか悪そうな語感にしますね。
14投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 19時27分41秒 ID:vQnhJ2JD
そんなもんかな?
15投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月02日(金) 19時28分42秒
弄する?アイフル〜?
16投稿者:酒飲み名無し  投稿日:2003年05月02日(金) 19時31分07秒
たっぷりのお金と、人並みの、あの、その、えと、サイズの……
17投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月11日(日) 19時47分19秒
ちょっと上げてみるか
18投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年05月11日(日) 19時49分02秒
貧すれば鈍する

貧しさが思考の鈍化をまねき、品性がさもしくなること
投稿者 メール
(゚Д゚) <