犬の鎖で夫を縛り死なせた妻に懲役5年
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年04月16日(水) 04時44分56秒
http://www.zakzak.co.jp/top/t-2003_04/3t2003041532.html

脳梗塞の後遺症で失禁を繰り返す夫の首に犬用の鎖をくくり付け、窒息死させた
として、逮捕致死の罪に問われた無職若松徳子被告(53)に対し、大阪地裁は
15日、懲役5年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。

川合昌幸裁判長は「人としての尊厳を踏みにじる行為で、危険極まりない。一方で
被告は夫の介護で疲労が著しく、蓄積したストレスが犯行の一因になった面もある」
と判決理由を述べた。

判決によると、若松被告は制裁を加えることで失禁の後始末の苦労を理解させようと、
昨年12月5日午後7時ごろ、大阪市淀川区の自宅玄関前で夫の無職六男さん=当時(53)=
の両手首をひもで後ろ手に縛った上、隣家に逃げ込まないように首を犬用の鎖で
照明灯の柱に縛り付けるなどして放置。六男さんは鎖で首を圧迫され、間もなく
死亡した。
投稿者 メール
(゚Д゚) <