幼い頃のエスカレーターの恐怖
1投稿者: 投稿日:2013年02月09日(土) 09時59分31秒
エスカレーターはあの頃から何も変わっていない。
幼い子の手は手すりに届かないのだ。
結果、側面の壁に手をつくことになる。
しかし、側面の壁は動かないので、体を乗せた地面が上昇するに連れ、
ついた手だけが下に持っていかれることになり、転げ落ちる。
なぜいまだに幼い子用に進化していないのか。
2投稿者:腐れ厨房ヽ(´o`;アイパドミニ  投稿日:2013年02月09日(土) 10時31分48秒
かなりヨボなおばあちゃんが上りエスカレタで後ろに転倒とゆ、下手したら寝たきり誘引怪我もあり得る事態を、後ろにいた僕が受け止めて回避したんですけど、日ごろから階段やエスカレタの上のホにいる女の人のお尻凝視する習慣が少し役立つたと思うもしたです。()イビ

13/02/07 09:15
5リツイートvia ついっぷる for iPad
3投稿者:ヾ(゚д.゚)ノ゛バカー  投稿日:2013年02月09日(土) 11時31分25秒
そうなんですよね。骨折で入院して還ってこなくなるお年寄りって多いと思います。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <