アン肝やきくらげが元気な精子を作る
1投稿者:木瓜  投稿日:2012年07月13日(金) 07時12分31秒
【アン肝やきくらげが元気な精子を作る】
 最近の研究で、血中のビタミンD濃度が高いほど、正常な形態の精子が多く、運動も活発であることがわかってきた。ビタミンDは紫外線を受けて皮膚で合成されるので、秋から冬にかけて低下するが、アン肝やしらす干し、きくらげなどから摂取することができる。

【ジンギスカンを食べれば脳細胞が死なない】
 羊の肉に多く含まれるカルニチンという成分には、脳の中の記憶と思考に関わるアセチルコリンの合成を促し、脳内の神経を活性化させる作用がある。つまり、ジンギスカンを食べると脳細胞の死滅を抑えることができるということ。中高年のボケ防止には欠かせない。

※週刊ポスト2012年7月20・27日号
http://m.news-postseven.com/archives/20120713_128010.html
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2012年07月13日(金) 09時52分49秒
早速ど助平兄貴に教えたろ
投稿者 メール  
(゚Д゚) <