せーの・・・。
1投稿者:やました  投稿日:2011年09月13日(火) 14時18分02秒
なんで花火のときたまやとかかぎやってゆうの。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年09月13日(火) 14時20分20秒
実は花火が打ち上げられた際の掛け声である「かぎや」「たまや」は有名な花火師の屋号なんだそうです!
隅田川(当時は大川)近くに「鍵屋」という花火の店があり、のれんわけという形で「玉屋」が独立しました!!

もともとルーツは同じなのですが、いつしかお互いをライバル視するように・・・
 
自分達の花火が上がる時は「たーまやー(の花火だ!)」、
「かーぎやー(の花火だ!)」と大声でアピールする花火師!
 
その花火の競演に、人々は歓喜し、掛け声を真似するようになったそうです!


ちなみに、鍵屋にあるお稲荷さんが一方に鍵を、もう一方に玉をもっており、独立の際に玉を譲り受けたのが「玉屋」の由来だということです!!


しかしある年、玉屋が火事を起こして周囲の町は消失。玉屋は追放されてしまいました! 
3投稿者:やました  投稿日:2011年09月13日(火) 14時21分44秒
たまやかわいそう!!
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年09月13日(火) 14時28分52秒
橋の上 玉屋 玉屋の声ばかり なぜに鍵屋といわぬ情なし
これは落語の「たがや」を聞くとたいてい枕で紹介されている狂歌です
「情なし」は「錠なし」に掛けた洒落になってます
5投稿者:やました  投稿日:2011年09月13日(火) 15時25分40秒
新爺さんげんきかなあ。
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年09月13日(火) 15時26分34秒
あっ!新爺さん!
投稿者 メール  
(゚Д゚) <