近所の祭りに参加してみた
1投稿者:ミャップ  投稿日:2011年07月28日(木) 17時55分32秒
そういう近所の催し物とかは今まで興味も無ければ一切気にかけることも無かった。
ある日さんぽをしている途中ぐうぜん見かけた神輿や祭りの風景に惹かれて今回参加する事となった。
全体を仕切る大場さんは50代中盤くらいのおっさん。
てきぱきと若者に指示をして、何か聞かれる事があればすぐに答えている。
祭りの全般の仕事はほとんどこの人が作っているようだ。
一体普段何をしているのだろう、私は聞いてみた。
ついでに言うと私は日本人では無い、日本に来て数週間、母国で独学の日本語を学び
こうして祭りに参加した。
「大場さん、いつもは何をして過ごしているのでしょうか?」私は聞いた。
大場さんは今度うちにくるように言ってくれ、当日わたしは妻を連れて大場さんの家に行った。
大場さんの作ったサラダと唐揚げが出てきた。美味しい。
酔った大場さんはパソコンをいじりだし「実はね、私ね、」
一見何の変哲もないニ世代前ほどの富士通のノートパソコンだが
eSATAのPCカードに接続されたケーブルの接続先は大型の外付けHDD
RAIDを組んでいるらしい、なんと8台も搭載している。容量は全て3TBのHDDのらしい
合計24TB、一体大場さんは何を保存しているのだ。よく思い出すと
トイレの便器の裏にも同じものがあった。なんでこんな所にHDDがあるのだろうと思ったが。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <