美術大学の首吊り死体、現代彫刻と間違われて放置
1投稿者:doz288L  投稿日:2011年06月07日(火) 00時55分49秒
今週金曜、ハンガリーはブダペスト美術大学構内の倉庫にて生徒らが首吊り死体を目撃、しかし生徒らは死体を現代彫刻の作品だと思い込み放置されていたとのこと。地元新聞の伝えるところによれば、その日、生徒と作業員らは学内で長い間使われていなかった道具倉庫の修復をするため、久しぶりに倉庫の扉を空けてそこでまず首吊り死体を目撃。しかしその時はてっきりキャンパスや学内に溢れる現代彫刻の作品だと思いこんで丸一日放置していたという。そしてその後、作業員の一人が彫刻でなく人の遺体である事を確認し慌てて通報、駆けつけた警察によって遺体は回収されたという。また倉庫は5年前に修復作業を保留したまま閉鎖されており、発見された遺体は少なくとも死後一年以上は経過していたとのこと。
http://x51.org/x/03/11/1515.php
2投稿者: 投稿日:2011年06月07日(火) 02時42分32秒
現代アートのサイドショー化を皮肉る記事ですなぁ。
3投稿者:偽医者も  投稿日:2011年06月07日(火) 20時00分45秒
首を吊れ
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年06月07日(火) 20時17分16秒
山海塾のパホーマンスで転落事故があったね,昔。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <