余震は10年続く
1投稿者:1  投稿日:2011年04月13日(水) 09時02分21秒
 米紙ワシントン・ポストは12日、米地質調査所(USGS)の研究者の話として、東日本大震
災を引き起こしたマグニチュード(M)9・0の地震によって、震源付近の断層のひずみが高
まっている恐れがあり、余震が終息するまでに10年かかる可能性があると報じた。

 問題を指摘しているのはUSGSの地球物理学者、ロス・スタイン氏と京都大のグループ。
試算では、地震によって、断層の一部が沈み込むなどして、震源周辺の広い部分にひずみ
がたまっており、震源の北や南側で大きな余震が起きる可能性があるという。

 スタイン氏は、東京では長期間の監視が必要で、余震が数週間や数カ月でなくなると思わ
ない方がよいとしている。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110413/amr11041301260000-n1.htm
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月13日(水) 09時29分49秒
これからは常に最悪の「予想、予測」しか信じられなくなって
広まるニュースもそんなんばかりになるんだろうなぁ
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月13日(水) 13時31分28秒
10燃料続くとしてもだんだん規模が小さくなっているから問題ないのでは?
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月13日(水) 13時47分29秒
主な「スマトラ島沖地震」 時期(WIB) 名称 マグニチュード 震源地
2004年12月26日 スマトラ島沖地震 (2004年) 9.3 スマトラ島北西沖
2005年 3月28日 スマトラ島沖地震 (2005年) 8.6 メダン南西沖
2007年 9月12日 スマトラ島沖地震 (2007年) 8.5 ブンクル南西沖
2009年 9月30日 スマトラ島沖地震 (2009年) 7.5 パダン西北西沖
2010年 4月 6日 スマトラ島沖地震 (2010年4月) 7.8 バニャック諸島付近
2010年 5月 9日 スマトラ島沖地震 (2010年5月) 7.2 バンダアチェ南南東沖
2010年10月25日 スマトラ島沖地震 (2010年10月) 7.7 パダン南沖
5投稿者:いちじく男  投稿日:2011年04月13日(水) 13時53分13秒
データが蓄積されて緊急地震速報の精度が上がりそう。
【茨城沖】緊急地震速報【やばめ】とか細かくなったり。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <