絶望と希望:南三陸町のレポート
1投稿者: 投稿日:2011年04月07日(木) 19時46分38秒
(早稲田大学大学院商学研究科専任講師 西條剛央)

http://plaza.rakuten.co.jp/saijotakeo0725/diary/201104020000/
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月07日(木) 20時01分18秒
僕は大丈夫。そこにも安全に住める名案があると伝えた。

それはシンプルな方法だ。まず鉄筋を中に通した20メートルぐらいの土塁を作る。城の石垣のようなイメージだ。その上にマンションを建てる。しかも形は菱形の角を丸くしたような細長い流線型で海に先端を向けて建てる(引き潮にも対応するためだ)。

今回わかったことは、とにかく高さがすべてということ。津波は防げないということ。だから建物の土台を高くして、その上に流線型の建物を建てることで、万が一津波が届いても、それをいなすような形にすればよい。

もちろん津波が届くと考えられる部分は外から船などがぶつかってきても大丈夫なように今日かして、防災対策も万全にする。

そういうマンションを一定の間隔に建てる。下の階は居住区ではなく、アスレチッククラブとか生命線ではない階にする。津波警報が出たら、近くのマンションに駆け込めるようにする。

こうすれば海岸線に住み続けることができるから大丈夫だよ、それは復興事業として国に建ててもらおう、おれもそういう考えを広げていくから、やれることをやっていこうと後輩に話した。みんな本当は故郷に住みたいのだ。
3投稿者:ω・`)  投稿日:2011年04月07日(木) 20時32分56秒
ぼくのかんがえたさいきょうのつなみたいさく
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月07日(木) 20時37分20秒
津波の流れって一定じゃないよね?
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月07日(木) 20時44分56秒
しかしそんな防波堤代わりのマンションに好んで住みたがる人がいるだろうかね
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月07日(木) 20時51分35秒
防波堤どころか受け流すだけ
7投稿者:ω・`)  投稿日:2011年04月07日(木) 20時53分35秒
ぶっとい鉄骨を柱にして壁は外力がかかったらすぐに流れるように作ればいい
南三陸町の防災センターがそんな感じ
壁を貼り付けたらすぐに再建できそう
http://akirawebjournal.weblogs.jp/.a/6a0120a5f9b0b9970b014e8747b1aa970d-pi
投稿者 メール  
(゚Д゚) <