チェルノブイリとフクシマってどっちがひどいの?
1投稿者: 投稿日:2011年04月02日(土) 21時45分19秒
フクシマでも甲状腺癌がはやるの?
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月02日(土) 21時55分46秒
流行ると思うよ
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月02日(土) 21時59分55秒
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/bunka5/siryo5/siryo42.htm
チェルノブイリ周辺がヨード不足の地方性甲状腺腫の多発地域であることも、普段からヨード飢餓の状況にあったと考えられている。すなわち放射性ヨードの胎児や乳幼児、小児への影響とともに、慢性ヨード不足や事故後の不適切な無機ヨード剤の配布なども考慮される必要がある。
小児甲状腺がんの特徴
甲状腺検診で生検と細胞診を試みると7%に甲状腺がん(大部分は乳頭がん)が発見される。すでにこれらの患者の半数以上が周辺リンパ節転移を認め、術後のヨード131治療を必要としている。中には肺などへの遠隔転移も認められている。病理学的には、硬化型、繊維化病変が多く見られ、砂粒状石灰化や浸潤傾向が強い。幸いなことに、術後のヨード131治療の効果が非常に良いのも特徴の一つであり、長年にわたる注意深い観察治療が必要である。

(私注)
50〜100mmSy以上の小児で甲状腺癌罹患率が有意に高まると
思われる。
ただし甲状腺乳頭癌は比較的予後の良い癌として有名。
注意深く定期検査をしていけば救命率が高いと思われる。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月02日(土) 22時09分46秒
食物の放射性物質汚染について:日本において

 今後は、穀物と家畜の放射性物質汚染状況の検査が行われる予定です。放射性物質は、環境中の様々な要素に影響を受けながら食物連鎖の中を動いていき、生体中に取り込まれます。植物への放射性物質の取り込みは、その生長期や根の深さ(地面の表層近くに張っている根は、より多くの放射性物質に晒されます)、土の性質や他の要素の影響を受けます。家畜は、屋内で備蓄された飼料を食べている動物は、屋外で放牧されている動物よりも汚染の影響を受けにくいと考えられます。

 一般に、海洋のエコシステム中の生物は、放射性物質が希釈されること、海水では(生体に取り込まれる際に、汚染物質であるセシウム同位体と競合する)ナトリウムの濃度が真水よりも高いことによって、放射性物質を取り込みにくいと考えられます。しかし福島原発周辺から海洋エコシステムに流れ込んでいる放射性物質については、原発からの様々な距離において水質サンプルを採取して検査するとともに、食物連鎖の様々な階層の生物についても検査を行う必要があります。

 放射性物質の環境影響には、物理学的半減期と生物学的半減期の両方が重要です。物理学的半減期とは、ある時点の放射性物質の放射線量が、半分になるまでの時間です。いっぽう生物学的半減期とは、物理学的半減期による減衰に加え、体外への排出の作用などで最初の放射線量が半分になるまでの時間です。

 たとえば、セシウム137の付着したコケを食べたトナカイの、セシウムの筋肉中への取り込みを調べた研究があります。この結果からは、セシウム137の物理学的半減期は約30年ですが、生物学的半減期は約2週間でした。
http://smc-japan.sakura.ne.jp/?p=1572
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月02日(土) 22時30分37秒
「発がんと放射線との因果関係は認められない」これでお終いさ
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年04月02日(土) 22時33分54秒
子供達がこんなことになったら可哀想・・・
http://www.youtube.com/watch?v=cJu-rU4-Xyk
投稿者 メール  
(゚Д゚) <