世界では相手にもされないヴィクトワールピサが
1投稿者:大川慶次郎  投稿日:2011年03月01日(火) 23時19分13秒
日本ではトップクラス

それが日本の現実ですね
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2011年03月01日(火) 23時19分59秒
でも日本の競馬は売上一番なんじゃなかったっけ
3投稿者:すとろ  投稿日:2011年03月01日(火) 23時47分09秒 ID:/7s38.0p
凱旋門賞でクビ差2着だったナカヤマフェスタがJCで惨敗したことも考慮しよう。
そのJCで凱旋門賞で惨敗してきたヴィクトワールピサは3着に好走した。

ナカヤマフェスタの凱旋門賞は前走トライアルのGIIからの格上げで、混戦になったのが良かった。
単勝38倍の人気薄で勝った宝塚記念と同じ。
あのときも前走オープン特別からGIへの格上げ、しかも2400mから2200mへの短縮だった。
ジャパンカップは同じGIでもスローだったから。

すとろはナカヤマフェスタを、好走した宝塚記念、凱旋門賞では評価したけど、
JCでは評価しなかったよ。

ヴィクトワールピサはタフな馬場でハイペースでは、体力的に2400mは苦しい。
JCは軽い馬場でスローだったから誤魔化せたけど、
凱旋門賞ではそうはいかなかった、という話。

とはいえ、同じ東京2400mで行われ、同じようなスローだったダービーとジャパンカップで
ともに3着だから、ベスト条件とは言えない。

それに対して、弥生賞、皐月賞、有馬記念、中山記念、
中山競馬場ではGI、GIIを2戦ずつして、4戦全勝。
闘争心が強くて、馬群を割れるから、狭いコースで混戦だと有利だ。
4投稿者:すとろ  投稿日:2011年03月01日(火) 23時57分45秒 ID:/7s38.0p
広くてタフなロンシャン競馬場の長距離ハイペース、
凱旋門賞はいかにも条件が合わなかったわけで、惨敗も仕方ない。>ヴィクトワールピサ

ドバイは第一希望ワールドカップ、第二希望シーマクラシックなんだってね。
デューティーフリーが良いと思うけどな。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <