今年のXマス、街に白いパンティが降り積もって恋人達がはにかむ
1投稿者:小房の粂八  投稿日:2010年12月23日(木) 00時39分05秒
そんなシーンが観たいです、サンタさん
2投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年12月23日(木) 00時42分20秒
わしゃビンロウジュでも大麻で巻いて噛むとしようgゲッハッハI
3投稿者:爆チンコ  投稿日:2010年12月23日(木) 00時45分45秒 ID:6z8aoaZp
降り積もるだけのパンツを買えるほどサンタさんが金を持っているのかな?
サンタさんが子供達におもちゃを配れるのはバックにトイザらスが居るからなわけで、パンツとなるとさすがにトイザらスじゃ扱ってないから自費なわけで、
そうなると粂八氏が夢を叶えてもらえるほどいい子にしていたかどうかがその成就如何を最も左右する要素だと思うけどいい子にしてたのかな?
4投稿者:小房の粂八  投稿日:2010年12月23日(木) 01時04分02秒
12月24日の夜、誰もがそんな大量のパンティをサンタが用意できる訳がないと諦めかけたその時、フィンランドのサンタの家に、ダンプ運ちゃんスレの運ちゃんのダンプがやって来る
隣には僕。命の次に大事なパンティコレクションをサンタの為、いや、サンタを心待ちにしている子供たちの為に提供するつもりなのだ
驚き喜ぶサンタだったが、やはり僕のパンティだけでは世界中の子供たちに手渡すには到底枚数が足りない
再び落ち込むサンタと僕とダンプの運ちゃんだったが、「お、おい、あれ」
ダンプの運ちゃんが指差したはるか彼方を3人が見つめる
そこには数十台、数百台、いや数えきれない、最後尾が見えないくらいのダンプカーのヘッドライト&テールライトの灯りが。
日本から、アメリカから、フランスから、ベトナムから、中国から、世界中のパン泥が荷室に夢とパンティを満載してサンタの家に向かう国道を埋め尽くしていたのだ

エンドロール

投稿者 メール  
(゚Д゚) <