DSだけで作ったアルバムが発売!
1投稿者:DS  投稿日:2010年11月27日(土) 14時34分31秒
「もう高価な機材がなくてもあの頃以上のことができる」――ニンテンドーDS用音楽ツールソフト「KORGDS-10」のみを使って制作したクリスマスアルバム「CHRISTMAS DINNER」がこのほど発売された。配信のみで、iTunesStoreやAmazon MP3でダウンロードできる。

【拡大画像】 【DS i Love Youの紹介動画を含む記事】

 DS-10は、アナログシンセサイザーをタッチパネルを使って演奏できるソフト。アルバムには、「ジングルベル」「きよしこの夜」など定番のクリスマスソングを収録。テクノ風にアレンジしており、とてもDS1台で演奏しているとは思えない仕上がりだ。

 テクノポップユニット「TOP」のサウンドプロデューサーで、CM音楽の作曲などを手掛ける本間柑治さんが、DS-10のみで音楽制作に取り組む実験プロジェクト「DSi Love You」の一環。演奏は「未加工、ライン一発録り、Mixなし、マスタリングなし」だ。

 80年代には数千万円のシステムシンセで楽曲制作していたという本間さん。DS i LoveYouは「『機材を積む時代の終焉』と言う時代の変化に対する検証」で、「もう高価な機材がなくてもあの頃以上のことができる」と公式サイトでコメントしている。

2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年11月27日(土) 14時36分15秒
DS I Love You の初アルバムの音源が出来上がり、いよいよ11月10日バウンディから配信スタートとなる。

DS I Love You は任天堂 Dsi とKORG DS10 plus のみを使用し、マルチ録音やアウトボードを一切使用せず、DS10 plus 内で完結するサウンド制作を試みる本間柑冶のニュー・プロジェクトである。

「Obento」 というアルバム・タイトルについて軽く触れておこう。弁当箱という限られたスペースに少しづつご飯やおかずを盛り合わせて食事の要素を最大限に表現しようとする凝縮された感覚が DS10 plusを使用しての音楽制作に通ずるものがあると思ったし、可搬性という意味からも類似の性質を持っていると感じられた。

考えてみれば、俳句、茶室、盆栽、坪庭等々日本にはこのような制限の中で表現するものが多々あって、手法として面白いやり方には違いない、DS10 plusもある種同じような血筋なのかもしれない。
そんな思いから「Obento」というタイトルを選んだのだった。

まず DS10 plus について、ご存じ無い方も多いと思うので再度説明しておくと、ひとことで言えばポケットゲーム機の任天堂Dsiをシンセサイザー・システムにしてしまうソフトウェアということになる。
で、何ができるか?構成としてはパターンごとに音色を変えられる単音のシンセ2機と1曲中音色が変えられない単音シンセが4機で1セットになったもの(ドラムスパート等に使用)、という6音の音源が2セット、合計12音での演奏が可能。

http://tpo2009.blog56.fc2.com/blog-entry-136.html
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年11月27日(土) 15時01分32秒
今あの頃を超える意味はあるのか。
趣味のレベルではあると思うが、売り物としての意味は俺はないと思う。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <