NHK大阪制作「笑っていいかも!」
1投稿者:カンニング竹山  投稿日:2010年11月24日(水) 13時17分20秒
脳性麻痺ブラザースが最高に面白いよ
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年12月04日(土) 13時26分15秒
今夜放送だよ。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年12月04日(土) 13時30分01秒
重度の言語障がい者が言葉を発する。よく聞き取れない。何と言っているのか、クイズ形式で若い介護職や学生ら3人が答えていく。間違えると爆笑に。そんなテレビ番組がある
▼初めて見たときは驚いた。決してふざけているのではない。NHK教育の福祉番組「きらっといきる」の毎月最終金曜企画「バリバラ」だ。「バリアフリー・バラエティー」の略で、“史上初の障がい者バラエティー”とうたう
▼全盲の落語家が視覚障がい者用のテレビ副音声をパロディーにする。「妄想受信中」のコーナーでは精神障がい者が自身の幻覚や幻聴をカルタにする。〈無理やり私は天皇にされるところだった〉〈ビルボードトップ40の曲は私が作った〉
▼初めは戸惑ってしまう。笑っていいのか、不謹慎ではないか。一種の罪悪感さえ覚える。しかし見ていくうちに、素直に笑えてくるから不思議だ。遠慮が消え、おのずとネタに目がいく
▼司会の玉木幸則さんも脳性まひがある。「障がい者を笑うのではなく、障がい者が笑かす。ここ笑っていいのかと思う壁を取っ払っていきたい」。感動、努力だけが障がい者ではない、等身大の姿を見てほしいとも
▼4日には2時間の特別版「笑っていいかも」が放送される。障がい者を特別視するのではなく、同じ生活者として接する心が互いの距離を縮める。あすから「障害者週間」。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年12月05日(日) 02時03分59秒
誰も見てなかったのか・・・
5投稿者:DTI利用者  投稿日:2010年12月05日(日) 02時09分46秒
見てたよ。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <