ボイトとモリス
1投稿者:ぜんこさん  投稿日:2010年11月03日(水) 17時11分56秒 ID:FMHdpWb8
そしてガイコースキー
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年11月03日(水) 17時22分17秒
お姉さんと事におよんでから三ヶ月くらいは、
あの体験が頭から離れず、オナニーばかりしてました。

でも、気まずさが勝り、お姉さんをまた誘ったりはできませんでした。
お姉さんも時々「色々あったよねぇ」等と同僚のいる前でもからかってくるので、
ごまかすのに必死でした。そんなとき、お姉さんが元彼と復縁したと聞きました。

お姉さんの元彼で、俺が知っている情報は初体験の相手でお姉さんと同級生、
ガテン系の仕事をしていて、お姉さんの経験上1番の巨根の持ち主だということでした。
だから、俺は二番だったんです。

私もチンポは結構大きいので、
チンポの事でコンプレックスを感じた事はあまり無いのですが、
お姉さんに二番と言われた時から、一番に引け目を感じていました。

お姉さんに恋愛感情は無かったですが、
俺より大きいチンポでヤラれまくっているお姉さんを想像して、
情けなくも勃起しオナニーもしました。
そしてもう一度だけでもお姉さんを抱きたいと強く思うようになりました。

どうしたら彼氏のいるお姉さんを抱けるか色々悩んだのですが良い案が浮かばず、
何を想ったのか飲んで酔った勢いでお姉さんに電話し、
チンポの彼に対する俺の引け目やHが忘れられない事を話ました。

お姉さんは、意外と真剣に聞いてくれるも、
結論Hはダメとの事で終り、俺は酔って寝ました。
次の日流石に「変な電話すいません」と言うと、
「私の事考えてたんダネ。なんか私も思い出す事あるよ。可愛いとこあるんだね」
といいました。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年11月03日(水) 17時22分53秒
あのHをお姉さんが思い出していたのかと思うと、俺は興奮してきました。
ちょうど、昼と夜の間の長い休み時間だったので、
真剣にキスだけでも最後にしたいとお姉さんにお願いしました。

お姉さんは、なんと!
「またチンチンにチュウしてってなるんでしょ?
 可哀相になってきちゃった…Hは無理だけど…最後だぞ」
と俺の股間を指でチョンチョンとしてきました。

やった!とばかりにお姉さんと、
ビルの普段人気の無い障害者トイレに入り鍵をかけると同時に唇を合わせました。
お互い貪るように、鼻と鼻がぶつかるのも気にせず、唾液を交換しました。
そして俺はズボンを下げました。

チンポはギンギンでこれから起こる事にドックンドックン期待していました。
「久しぶりだぁ、やっぱ大きい!気にする事無いよ」
とお姉さんはチンポを逆手で扱いてキスしながらいいました。

お姉さんは屈むと、亀頭をジックリ唾をつけて唇で触ってくれます。
亀頭のエラの部分を舌を固くして舐めたり唇をつぼめて吸ってくれます。
お姉さんの口からどんどん涎が溢れてきます。
お姉さんの口は熱くなったチンポより温かでした。

俺の洗ってないチンポをお姉さんがまた口に含んでくれました。
幸せでした。
お姉さんは口でチンポの形や大きさを確認するようにユックリ味わっていきます。
涎がお姉さんの顎に垂れてそれを指で拭ったので、俺はその指を舐めました。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年11月03日(水) 17時23分46秒
お姉さんは裏筋を舐め、玉をしゃぶり、尿道口を舌でホジホジし、
先汁をチュッチュッと吸い出し
「ん〜っ、美味しいかも」とあのエロい顔でいいました。
そして激しくチンポを扱き、強く吸い射精を促しました。

俺の我慢は限界を超え、お姉さんの口にビュッビュルッと精子を出しました。
「ウ〜ン」といいお姉さんは玉を触ってチンポを吸い上げました。
俺は興奮して精子が口にあるお姉さんとキスしてしまいました。
苦しょっぱい味がしました。

「変態ぃ」とお姉さんに言われました。
最後と言いながら、
お姉さんは彼氏がいるのに四回、後日にトイレでしてくれました。
でも、Hはさせてくれませんでした。
まぁフェラがとっても良かったので満足でした。
また長文を失礼しました。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <