ヤムイモ伝説じゃI
1投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 21時48分31秒
大正時代の初期には…芋掘り人Iには段位制度が在ったと言う…言い伝えに依るとな( ̄▽ ̄)
2投稿者: 投稿日:2010年10月12日(火) 21時49分57秒
ああ、そうか。それはわたしが至らなかったね。言葉が足りなかった。
いや、ホントなら、お前がどれほどのバカか、千の言葉を用いて罵ってやりたいところだよ。
でもいかんせん、わたしの舌はそんなに早く回らないんだ。
歯がゆいよ、もっと言いたいことはあるのに、バカ野郎の一言に気持ちを込めるしかないんだ。
でも、それだとお前は自分のどこがバカなのか反省しようがない訳だ。
できることならね、お前のどこがバカなのか、万の言葉を用いてレポートをまとめたいところだよ。
でも、いかんせんわたしはそんなに暇ではないんだ。不出来なふでごめんなさい。おやすみ
3投稿者:ぜんこさん  投稿日:2010年10月12日(火) 21時50分58秒 ID:FMHdpWb8
案外歴史短いんだな
4投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 21時56分14秒
芋掘りの最高段位はg『芋掘り吉兵衛』ここまでに成るには30年の修行が要るのじゃ( ̄▽ ̄)ゲッハッハ
5投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 21時57分55秒
最初の3年間は芋掘りグワの素振りだけなのじゃgゲッハッハI
6投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 22時24分19秒
ヤムイモと牛のキンタマg
7投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 22時27分37秒
芋掘り人Iの見習いの内は『芋下男』と呼ばれるのじゃgゲッハッハ
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年10月12日(火) 22時39分03秒
あーおもいだした
芥川龍之介に芋の話あったな
下男という単語で思い出した
でもあれ舞台は平安じゃなかったっけ
9投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 22時49分45秒
ふ〜んI左様か?知らんかったぞなもしgゲッハッハ
10投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 22時51分08秒
初段から二段までは『芋男I』なのじゃg
11投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 22時55分32秒
三段と四段は『芋士』g五段から七段までは『芋師の王匠I』なのじゃ( ̄▽ ̄)ゲッハッハg
12投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 22時59分22秒
八段位が『芋掘り善ェ門I』なのじゃ

九段位が『芋掘り吉衛門』ぞなもしgゲッハッハ
13投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 23時00分54秒
十段位が吉兵衛なのじゃgゲッハッハI
14投稿者:(ΦωΦ)  投稿日:2010年10月12日(火) 23時09分19秒
芥川龍之介の「芋粥」も知らないのか
原作は今昔物語だけど
15投稿者:沢田まこと  投稿日:2010年10月12日(火) 23時11分53秒 ID:bXjipVbZ
 芥川の「芋粥」の五位は、ゴーゴリの「外套」の主人公、アカーキー・アカーキエヴィッチと併せて
文学史上最も気の毒な主人公の東西両横綱だと思います。
16投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年10月12日(火) 23時13分37秒
いや死の棘のトシオの方が遥かに気の毒だ
17投稿者:(ΦωΦ)  投稿日:2010年10月12日(火) 23時14分53秒
五位は最後に悟りを開いた、と解釈してる
18投稿者:沢田まこと  投稿日:2010年10月12日(火) 23時17分11秒 ID:bXjipVbZ
>>16
 スマソ、それは読んでおらぬ。しかしながら、アカーキエヴィッチは
文学史上最も気の毒な主人公と言うのは清水義範の評でもござる。
>>17
 そう解釈できれば救いにもなるけんども、ミーは、単に小心者が肝を
潰しただけだとオムっています。
19投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 23時19分07秒
芋掘りの真理を悟った者はg『ヤムイモ大明神』になれるのじゃ( ̄▽ ̄)ゲッハッハ
20投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年10月12日(火) 23時21分52秒
「オブローモフ」(ゴンチャロフ作)の主人公オブローモフも結構気の毒だが、
それは多くのカロビ住人が気の毒なのと一緒で自己責任の問題にされやすい
21投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年10月12日(火) 23時27分01秒
ニューギニアのボベバボバベ族の『ヤムイモ伝説I』が1番ぞなもしgゲッハッハ
投稿者 メール  
(゚Д゚) <