2072年10月5日、新神宮球場。
1投稿者:サード宮本  投稿日:2010年09月22日(水) 20時56分21秒
この日の試合後、日本プロ野球界に多大な貢献をしたアーロン・ガイエルの生誕百周年を祝うセレモニーが準備されていた。
カナダからお子さんや、お孫さんも来日し参加する予定だ。
2009年、のちに「アーロン・チャージ」と呼ばれる追い上げで本塁打王に輝いたのは今でも語り草である。しかし、この試合に負けてしまったらせっかくのセレモニーも台無しだ。
ファン、選手の願いも虚しく3点ビハインドのまま9回。
2アウトながら満塁とした所で場内が大歓声に包まれる。
それは…永い間、変わらない光景だった。
「ダイダ・オレ!」
選手兼監督として100歳となってなお活躍するアーロン・ガイエルの登場だ。
放送席から、新神宮球場名物の3Dビジョンに映し出された光景を見て「今日も元気ですね、きっと打ちますよ。」と、解説の関根潤三はコメントするのであった。
2投稿者:檀れい  投稿日:2010年09月22日(水) 21時04分01秒
長いがな
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年09月22日(水) 21時06分15秒
野球関係のクソみたいなコピペ持ってくる名無しが居るよな
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年09月22日(水) 22時43分47秒
最近こういうの多いね
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年09月22日(水) 22時44分48秒
62年後
今カロビーにいる人間で生き残ってるのはいるのかな
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年09月22日(水) 22時45分06秒
メカ関根潤三
投稿者 メール  
(゚Д゚) <