食卓の主役アジからサケへ09年度の水産白書
1投稿者:水産白書をもう一度  投稿日:2010年05月21日(金) 17時09分17秒
 冷凍技術の進歩や大手スーパーの台頭に加え、共働き世帯の増加で加工しやすい魚の購入が増えたことなどが影響しているようだ。全体としては魚離れが続いており、養殖業の国際競争力強化や水産加工物の輸出促進を通して漁業の活性化を図ることが重要だと訴えた。
 白書は、総務省の家計調査を基に鮮魚の1人当たりの購入量の品目別割合を算出。重量換算で比べると、1965年は1位が「アジ」で、2位が「イカ」、3位が「サバ」と、近海魚が目立った。
 一方、09年は「サケ」が1位で、「イカ」が2位、「マグロ」が3位と加工しやすい鮮魚が上位に並んだ。サケは65年には上位5位以内に入っていなかった。
 サケやマグロが伸びた要因として、冷凍技術の発達で輸入物が増えたことが考えられると指摘。「かつては、これほどサケを刺し身で食べなかった」(水産庁)が、最近は人気の食材の一つとなっており、食文化の変化も大きい。
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052101000146.html

「サケ」は「マス」と同じ?「天然」「養殖」の違いは?
養殖の場合はエサを冷凍や加熱処理するので問題ないが、天然物を生で食べると、エサを通して魚体に入った寄生虫に感染する可能性がある。感染を防ぐには加熱、または−20℃以下で10数時間冷凍すること。
http://nr.nikkeibp.co.jp/fish/20100510/

2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年05月21日(金) 18時49分43秒



魚K

3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年05月21日(金) 23時31分35秒
1965年と比較って意味なんのか?
投稿者 メール  
(゚Д゚) <