コイバナしようぜ
1投稿者:ぜんこさん  投稿日:2010年05月18日(火) 18時47分21秒 ID:FMHdpWb8
コイヘルペスのとき
淀川にようさん
コイプカプカしとったわ
2投稿者:わんわん  投稿日:2010年05月18日(火) 18時51分04秒 ID:ZFXJ5MJE
昔は鯉ブームっていうのがあって
うちの実家にも鯉の池があった。
http://www.youtube.com/watch?v=gd9i3wFuqIk
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年05月18日(火) 18時58分36秒
錦鯉の世界では、何といっても、目白御殿で下駄履きで錦鯉に餌をやる姿が強烈な印象を与えていて、鯉は下品な権力者や土建屋の金にまかせた愛玩物という誤ったイメージが広く焼き付いてしまった。

 角栄のころはちょうど列島改造ブームで錦鯉も第1次ブームであった。小千谷、長岡が地盤の田中角栄は鯉の産地だから、地元の生産者が陳情の度に献上していたようだ。マムチロが子供のころ出入りしていた鯉やさんは、あれは大きいけど高い鯉じゃないんだといっていた。昨年でた角栄邸に書生として住み込んでいた毎日の記者の回顧録(「田中角栄邸書生日記」)によると、角栄は鯉が趣味といういより仕事が趣味で、鯉の世話はもっぱら書生の仕事だったという。夏になる池を半分に仕切って順番に洗い、水道水をはってドブンと移していたらしい。翌朝、腹をみせて浮いていると角栄に見つからないうちに埋めていたらしい。それでも角栄に見つかって怒られることが度々あったという。昔の鯉はつよかったとはいっても、東京は塩素濃度が高いからせめてカルキぬきしないと鰓にくる鯉がいるのはしょうがないだろう。

 あの写真も角栄はマスコミに対してサービス精神がオオセイで、下駄履きでの餌やりも記者に頼まれたからで、普段はもっとオシャレだったという。もし、角栄という虚像がなかったら錦鯉のイメージも変わっていただろうと思う。そういえば今の内水面漁業協会長の桜井新議員は越山会の青年部長だったっけ?錦鯉は買ってるんだろうか。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <