ラスベガスの街並みやカーペットには「客にお金を使わせるための
1投稿者:仕掛け」がある  投稿日:2010年02月19日(金) 08時54分13秒
一晩中光り輝くネオンや一獲千金を狙えるカジノ、華やかなショーといった、現実世界からかけ離れた感のあるラスベガスならではの光景は、人々に知らず知らずのうちに大金を使わせる役割を担っているそうです。

どうしてネオンや華やかなショーなどが大金を使わせる役割を担っているのかという理由ですが、「起きていれば何らかの形でお金を使うようになっているため、利用客を眠らせないようにすればいい」という考えによるもの。そして利用者にアドレナリンを分泌させて興奮状態にすることで眠らせないように仕向けるために、ホテルのカーペットなどにも非常に派手なデザインが採用されているとのこと。

これはラスベガスにあるカジノホテル「ベラージオ」で使われているカーペットの柄。
実際に敷かれている様子。確かに派手で目が覚めるような感じがします。
スロットが設置してある場所には黄色や黒の模様をふんだんに使った目がチカチカしそうなカーペット。ちなみに黄色と黒の縞模様はスズメバチなどが採用している「警告色(警戒色)」であることも、利用者のアドレナリンを分泌させることに一役買っているのかもしれません。
こちらも現実味のない色合い。
古代エジプトをコンセプトに作られたピラミッド型のホテル「ルクソール」でも……
黄色と黒のコントラストが目に焼き付けられるようなデザインのカーペットが使われています。
基本的に淡い色よりも彩度の高い色が用いられているようです。
「フラミンゴ・ラスベガス」では幸運の歯車が回り続けていると印象づけるために、このような渦巻きのような模様のカーペットが用いられているそうです。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100218_vegas_carpets_magic/
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年02月19日(金) 09時15分33秒
あまり入った事ないけどパチンコ屋の床は地味だったような気がする
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年02月19日(金) 09時31分14秒
目が不自由な人はカジノで金を使わないのか
4投稿者:S.ワンダー  投稿日:2010年02月19日(金) 10時11分15秒
使わねぇよウィーアーザーワールド!
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年02月19日(金) 11時01分23秒
>ちなみに黄色と黒の縞模様はスズメバチなどが採用している「警告色(警戒色)」
採用ってw
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年02月19日(金) 11時05分34秒
和訳に失敗と見た
投稿者 メール  
(゚Д゚) <