残酷なイルカ追い込み猟の中止を願う
1投稿者: 投稿日:2010年01月09日(土) 23時29分14秒
漁業の方々には、イルカと共存できる方法で漁をしていただきたい。
自分の取り分が少ないからと高等な知能のある動物を殺すのは、自分たちの霊性を低下させることであり、決して幸せにはなれないことを悟っていただきたい。
私は鯨の肉もイルカの肉も食べたくはありません。
彼らは地球に愛の波動をおくってくれている人類の大切な仲間なのです。

http://www.shomei.tv/signature/signature_list.php?pid=1280
2投稿者:まりぃ@怪盗天子ついんオショウ  投稿日:2010年01月09日(土) 23時32分03秒 ID:/bMRayaI
つまり知的なイルカの変わりにキミタチを食えって意味か。
食中りしそうだ
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月09日(土) 23時34分40秒
水産生物の保全を専攻している身から意見させていただきます。感情論で語る保全は悪です。感情論で保全を語った場合、人間の目から見た優劣がつきますね。たとえば、イルカがかわいい・鯨はかしこいといってその生物を保全するとします。人間は環境に対する影響力が最も高い生物です。そのため、その生物たちはたしかに数を増やしていくでしょうがそれは自然界のバランスを崩すもとであり、自然界に住む生物すべてに対する冒涜です。保全の基本は人間の手によって絶滅の危機に瀕している生物を保全し、増えすぎた生物を減らし自然のバランスを保つことなのです。人の目から見た保全をするのではなく、自然の目から見た保全を考えなくてはなりません、それがたとえ残酷といえる生業でもです。つまり、このイルカ追い込み漁を考える場合、イルカの種を無差別に搾取する乱獲に近い漁法なら非難するべきです。しかし、もしそれが増えすぎたイルカだけを取っているのであれば、それは逆に絶滅に瀕している他のイルカ種を救うことになりえるのです。イルカの生態は似てますからね、増えすぎたイルカ種が絶滅に瀕しているイルカ種を圧迫している可能性が高いですから。
水族館に売るという面でもそうです。イルカの研究はたいてい捕獲されたイルカを購入することでなりたってます。そのおかげでイルカの生態が解明され、保全に役に立っている面もあるのです。
最後にもう一度言わせてください。保全を本当に考えるなら人の感情で保全を考えないでください。あくまで自然の観点から保全を考え、ときには必要悪になることも保全には大切なことなのです。このことを踏まえてよいホームページを作ってください。楽しみにしております。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1219094.html
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月09日(土) 23時35分59秒
なにこのできレース
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月09日(土) 23時52分20秒
朝鮮人は犬を食べないでほしい。
人類の良き伴侶として共に生きて来た犬。
高い知能を持ち、人の助けになる事に喜びを持ち働いてくれる犬。
食糧事情の悪い一時期に広がった悪習は民族文化では断じてない。
味が良くなるから苦しめて殺すなど悪鬼の如き所業は即刻やめろ!
6投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年01月10日(日) 00時50分27秒
生きて行くのに必要な数だけを獲る猟は神も許して下さるだろう…だが、それを越えると神を撃つ事になる
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月10日(日) 01時51分01秒
他の命を狩らなければ生きていけないような動物は神の慈悲を得る資格などない
8投稿者:龍健  投稿日:2010年01月10日(日) 02時34分03秒
弱肉強食なんだな、人間の天敵は自然災害ってとこか
投稿者 メール  
(゚Д゚) <