青い文学シリーズで漱石の「こころ」のアニメを見たんだけど
1投稿者: 投稿日:2010年01月02日(土) 23時36分34秒
原作読んでない私のイメージからいってもこれはなんかおかしい、こんな話だっただろうかと思ってスレを立てました。

それでそのアニメの内容なんですが、

1.先生は、Kとお嬢さんの仲が良さそうなのが心配で、お嬢さんのお母さんに「お嬢さんをください」と言って縁談をまとめてもらう
2.Kはそれを知った後、自殺する
3.先生とお嬢さんは結婚する
4.実は、縁談がまとまる前にお嬢さんがKに積極的にせまり、お嬢さんのマンコにKのチンコが入る仲だった

以上

のような感じなんですが、原作でもこういう関係が確定的に語られてるんでしょうか?
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月02日(土) 23時38分47秒
読んだけどまるで覚えてない
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月02日(土) 23時42分03秒
一番重要なのが4.のところで、原作でもチンコがマンコに入ってたのかってことなんです、教えてください。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月02日(土) 23時42分19秒
ああー確かに覚えてない
読み終わってないのに前の方忘れてるような小説だった
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月02日(土) 23時52分37秒
お嬢さんがKのことをどう思ってたかという点についてはあまり言及されてなかった気がする
Kがお嬢さんに惚れる→恋敵とも知らず先生に相談→先生「ちくしょう、俺が娶ってやる・・・」
みたいな感じじゃなかった?
当然事前のチンコマンコみたいなのはナシで

いや違うかも、覚えてない
6投稿者:.  投稿日:2010年01月02日(土) 23時54分27秒
お嬢さんのKに対する気持ちは全く語られてなかった気がする。もちろんちんこまんこ描写などあるはずもない。
7投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年01月02日(土) 23時55分02秒
明治元年生まれのジジイがぬかすにはI…昔は食いモンが足らんときゃオカユに馬糞を入れてなg量を増やして食うとったそうじゃ( ̄▽ ̄)ゲッハッハ
8投稿者:6  投稿日:2010年01月02日(土) 23時55分08秒
(−−);
9投稿者:5  投稿日:2010年01月02日(土) 23時57分12秒
真似すんなよドト
10投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時00分08秒
ちなみに、アニメの脚本は、阿部美佳というおそらく女です
11投稿者:金魚  投稿日:2010年01月03日(日) 00時00分42秒
実は年末に俺これ読んでたけど
本文のどこにもチンコとかマンコの描写はなかったね。うん
12投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時09分39秒
そのアニメでは恋愛にも積極的で精神的に自立した女性像とやらにしたかったのか
エロ入れとかないと受けないと思ったのか知らないが話を勝手に変えちゃいかんな
13投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時11分45秒
今青空文庫でざっとKがらみの部分を読んできたが、ないね。
14投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時17分17秒
エロ関係と言うんなら、主人公と先生の奥さんがその後どうなったかに
焦点を当てるべきだな
Kとお嬢さんがセックスなんて、Kがそんなことするわけないだろ
なめてんのか1よ
バカにしやがって畜生が
15投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時18分38秒
だいたいKってスーパードクターかよ
16投稿者:金魚  投稿日:2010年01月03日(日) 00時18分49秒
奥さんは病気でぽっくり逝っちゃうんだ
でも東大生はいいよなあ
下宿で親子どんぶりだもんなあ
なんでKなんてよんだのか馬鹿みたいだ
17投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時18分58秒
原作と全く違う話になっているといろんな人がブログとかで痛烈に批判してるみたいですね
18投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時19分37秒
>精神的に向上心のないものは、馬鹿だ
すごく懐かしい響き。
19投稿者:( ̄▽ ̄)  投稿日:2010年01月03日(日) 00時21分36秒
マンコは世界を救うのじゃIゲッハッハg
20投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時22分35秒
アニメだと男両天秤の非処女の女が結婚はお金持ちで家柄の良い方とする話になってます
21投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時23分09秒
一つのマンコで二人の自殺者を出した話なのに
22投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時25分14秒
ちなみに、アニメのKは、筋肉ムキムキの大男であまり風呂にも入ってなさそうでくっさそうな感じです
23投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時25分36秒
>当人にはあらかじめ話して承諾を得(う)るのが順序らしいと私が注意した時、
>奥さんは「大丈夫です。本人が不承知の所へ、私があの子をやるはずがありませんから」といいました。

原作だと、暗にお嬢さんも先生を好いてることを示している
24投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時28分12秒
Kうは
25投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時28分14秒
4. の設定はなんなの。話がずいぶん変わってしまうんじゃないの。
26投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時31分59秒
アニメだと、30分枠×2話で1話目が先生視点で2話目がK視点です。
1話目では、お嬢さんも先生に好意を示している感じだったり、Kのことを怖いと言っているような場面もあるのですが、先生は、Kとお嬢さんだけで家にいることがあったり、細かいそぶりでいろいろ邪推してる感じ。
2話目では、積極的なお嬢さんにKが困惑しつつも、お嬢さんとKが裸になって布団に入り、正上位で抱き合って、その後添い寝の描写ありです。
27投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時34分52秒
http://www.ntv.co.jp/bungaku/chara/kokoro.html
こりゃひどい
28投稿者:まりぃ@怪盗天子ついんオショウ  投稿日:2010年01月03日(日) 00時36分11秒 ID:/bMRayaI
まぁ、エロを入れるのはアニメのお約束と思っていいと思う。
って見たこと無いから適当に書くけど。
クリ-ミーマミの無意味なズロースシーンみたいなもんや
29投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 00時37分24秒
サザエさんにそんなお約束はない
30投稿者:まりぃ@怪盗天子ついんオショウ  投稿日:2010年01月03日(日) 00時38分38秒 ID:/bMRayaI
わかめちゃん(・▽・)

  ・・無理があるか。
31投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 13時47分02秒
漱石も思いつかなかった新解釈だな
だんぜんこっちのほうが話に深みがでてて良いね
32投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 16時10分36秒
原作読み終わりましたけど、「こころ」というのはこころという現象のことだったのですね
33投稿者:金魚  投稿日:2010年01月03日(日) 16時16分46秒
Kは俺の中ではこのイメージなんだけど
■三島由紀夫が割腹自殺(1970年) - 憩いの水のほとり - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/ikoi236/27088893.html
34投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 16時27分21秒
原作を読んだ僕の解釈はこうです。
・お嬢さんの頭の中には最初から最後まで先生のことしかなかった。
・お嬢さんとKが度々二人でいたのは、お嬢さんが先生のことをもっと知りたかったのと、自分から先生に告白するなんてとてもできなかったため。
・Kが先生にお嬢さんへの気持ちを告白したのは、先生がお嬢さんに積極的になるように仕向けるため。
・Kは、先生とお嬢さんが結ばれると知って自分の最後の仕事をやり遂げたことを機会に自殺した。
35投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 16時32分07秒
なんか先生にめちゃめちゃ都合のいい解釈だね
それがこころの働きなんだっていうことか
36投稿者:金魚  投稿日:2010年01月03日(日) 16時35分05秒
ていうか主人公は出てこないのこのアニメ
先生の話だけかね
37投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 16時39分01秒
主人公が先生じゃないのか
38投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 16時41分16秒
このアニメ、最初にでてくる私(わたくし)は出てこないね。

原作読んで見て改めてこのアニメは酷いと思った。
100人くらいの人が関わっていて、これは違うとストップを掛けられる人が一人もいなかったとはとても残念だ。
39投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 16時42分32秒
私(わたくし)は、先生が死ぬためにも必要な存在だったんだね。
40投稿者:まりぃ@怪盗天子ついんオショウ  投稿日:2010年01月03日(日) 17時51分12秒 ID:/bMRayaI
http://www.1999.co.jp/itbig05/10055828.jpg
http://stat001.ameba.jp/user_images/20090720/08/tzenya/d7/42/j/t02000200_0200020010216642959.jpg
コレを見たんだ
41投稿者:金魚  投稿日:2010年01月03日(日) 20時56分01秒
待て、原作では
先生は本当に死んだのか定かではなかったはず
42投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 23時22分54秒
私が先生が亡くなったと言ってますよ
43投稿者:金魚  投稿日:2010年01月03日(日) 23時28分07秒
あ、そうやったわ

夏目漱石 こころ
http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/773_14560.html
44投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 23時29分34秒
http://www.1999.co.jp/itbig05/10055828.jpg
  
45投稿者:金魚  投稿日:2010年01月03日(日) 23時32分10秒
先生なんで死ぬんだか意味不明だわこれ
46投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2010年01月03日(日) 23時58分28秒
今みたいに

「処女にこだわるのは童貞」
なんてステレオタイプに粋がってる連中には
明治時代の文士の恋愛観はわからんだろうなあ
47投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 00時00分26秒
どゆこと?
48投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 00時05分30秒
お嬢さんに恋をしたKに対して
「精神的向上心のない人間は馬鹿だ」
と、
「恋愛にうつつを抜かすこと自体が
文士として恥ずかしい」みたいなことを吹き込んで
人の恋路を邪魔しようとした時代の感覚なんか
今時のちゃらい奴にはわからんだろうなあってこと
49投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 00時07分20秒
で、そうやって人の恋路を邪魔しておいて、
お嬢さんの母親にいきなり
「娘さんをください」といって
女を奪うことに成功するんだから、今日の恋愛感からすると
別世界だよ。
そのことを思い悩んで自殺するのも、最近の若者には
理解不能かも知れない
50投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 00時09分50秒
そうか?
それなら別に想像力で補えるレベルだと思うし
最近の若者は〜とか多種多様であろう若者の恋愛観を一緒くたに論じるのも暴論に思うよ
51投稿者:金魚  投稿日:2010年01月04日(月) 00時10分49秒
エコがいないからまともなスレだなあ
52投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 00時13分24秒
そう言い出したらウェルテルがなんで自殺したのか今生きてる人間は理解できないだろうなとかなんぼでも言えるからなぁ
53投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 00時15分30秒
大江の新作「水死」で夏目の「こころ」について触れてる
作中に登場する劇団の芝居として「こころ」を読み解く芝居を通じて、という形だけど

先生は友人が死なせてしまった罪の意識からショックを受けて、
「死んだ気になって生きていこう」と、社会から閉じて生きてきた人なのに、
なぜ死ぬ段になると「明治の精神に殉死する」なんて言い出すのか?
社会から閉じることになった原因は個人的な出来事だったし、
そのあと社会から離れたのも個人的な事情だったわけで、
ここでどうして明治の精神が出てくる必要があるの?という読み方
54投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 00時16分42秒
大江みたいな奴に騙って欲しくないね
55投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 00時26分19秒
友人を裏切った罪の意識で死ぬなら、友人が死んですぐに死んでますよ。
56投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 00時27分07秒
現代人が読んだらこういう反応が出るのが普通じゃね?っていう読み方だと思う
それなのにいつまでもこんなの教科書に載せてもしょうがなくて?
っていうかオレの小説載せろや、っていうセリーヌ的な
57投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 00時29分20秒
漱石はこれを書いて数年で死んでしまったけども、
その数年の間に種明かしをしたりしなかったんでしょうか?
どうにも昔からずっと間違った解釈をされているように思えます
58投稿者:金魚  投稿日:2010年01月04日(月) 01時33分08秒
まあ先生が死ぬのを抜きにしても色々素晴らしい処はあったよ
59投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 01時59分01秒
こころ以外は問題なかったの
60投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 02時00分54秒
漱石って坊ちゃん猫からわからん
61投稿者:まりぃ@怪盗天子ついんオショウ  投稿日:2010年01月04日(月) 02時04分33秒 ID:/bMRayaI
三四郎
それから
62投稿者:まりぃ@怪盗天子ついんオショウ  投稿日:2010年01月04日(月) 02時05分27秒 ID:/bMRayaI
ビートたけしの学問ノススメ
63投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2010年01月04日(月) 02時07分40秒
人間のこころの奇妙な働きを主題にした話なわけだな
64投稿者:从*゚ー゚从またやん  投稿日:2010年01月04日(月) 02時08分47秒
これは よく言われることだが
大逆事件にかけてるんだと思う
投稿者 メール  
(゚Д゚) <