数学好きが位相幾何学を応用してベーグルをカットするとこうなる
1投稿者:ドーナッツとどう違うんだ?  投稿日:2009年12月09日(水) 11時31分45秒
数学好きが位相幾何学を応用してベーグルをカットするとこうなる
ニューヨーク州立大学のコンピューターサイエンス学科の教授、ジョージ・ハート氏が公開しているもの。授業の一環として学生にやらせてみたところ、大変好評だったとのことです。

X軸上で最もZ座標が大きくなる点をA、小さくなる点をC。Y軸上かつベーグル上でY座標がもっとも原点と近くなる点をB、Bの反対側かつ遠くなる点をDとします。

それぞれの点を用いて補助線を引きましょう。

ABCDの各点を通ってぐるっと一周する線を描きます。

赤の線は黒の線をZ軸で180度回転させたもの。この2つの線に沿って切込みを入れると……

見事、2つの輪が鎖のようにつながったベーグルとなりました。

ジョージ・ハート氏はこのベーグルの研究をさらに進めており、現在は「1回ひねりのメビウスの輪になるような切断面を見つける」のと「切断後の表面積は、通常のカットに比べてどう変化しているのかを計算する」のが課題とのこと。挑戦はまだまだ続きそうです。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091209_bagel/
投稿者 メール  
(゚Д゚) <