友近ってポスト上沼って気はするよね
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年11月24日(火) 02時16分14秒
関西の仕事をもっと増やした方が将来のためにいい気がする
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年11月24日(火) 02時17分53秒
テレビが滅びる方が先かも
3投稿者:谷原章介似  投稿日:2009年11月24日(火) 02時19分59秒
ちょっと美人すぎます
4投稿者:経歴  投稿日:2009年11月24日(火) 02時54分19秒
海原千里・万里時代 [編集]
父が演芸好きだったため幼少時から姉妹そろって演芸や歌を見たり聞いたりして育つ。姉は浄瑠璃のものまね、上沼は美空ひばりの歌まねをしていた。1971年、中学校卒業後、姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」の妹海原千里(海原お浜・小浜門下)としてデビュー。高校生ながら巧みな話術で一躍スターになり、可愛らしいルックスから当時人気アイドルだった天地真理にならい、「漫才界の白雪姫」と呼ばれていた。

解散後 [編集]
1977年、当時関西テレビディレクターだった上沼真平と電撃結婚。コンビを解消し芸能界を引退、専業主婦になる。しかし、翌年、芸能界に復帰(のちに番組内で「自分には専業主婦は耐えられなかった。」と発言)。

1994年と1995年には『NHK紅白歌合戦』(NHK)の紅組司会を担当し、50%前後(第二部)の驚異的な視聴率を叩き出した(1996年も紅組司会を打診されたが、上沼本人が拒否した)。

2002年のNHKが実施したタレント好感度ランキングでは、女性部門で久本雅美、松嶋菜々子に次いで3位になる。2003年度長者番付大阪地区では、明石家さんま・島田紳助などの強豪を抑え芸能人としては1位に輝く。

2007年以降、『M-1グランプリ』に、大会委員長である島田紳助本人からの直々の依頼により、初の女性審査員として出演している。
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年11月24日(火) 17時23分47秒
>1994年と1995年には『NHK紅白歌合戦』(NHK)の紅組司会を担当

15年も前だったのか
今世紀になってからもやってなかった?
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年11月24日(火) 17時51分55秒
上沼の自宅が大阪城らしいけど大阪城って冬の陣で焼け落ちたんじゃなかったっけ?
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年11月24日(火) 23時49分43秒
大阪城知らんのか
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年11月24日(火) 23時51分39秒
千里・万里時代のデュエット曲なんだっけ
大阪ラプソディ?
投稿者 メール  
(゚Д゚) <