グーグル検索訴訟で修正和解案提出米英などの書籍に限定
1投稿者:yahoo  投稿日:2009年11月14日(土) 18時49分13秒
インターネットで絶版本などを検索・閲覧できる米グーグルの書籍検索を巡る訴訟で、グーグルと米出版界は13日、修正した和解案を米ニューヨークの連邦地裁に提出した。対象を米国の連邦著作権登録局に登録された書籍か、英国、カナダ、オーストラリアで出版された書籍に限定することなどが柱で、従来の和解案に比べ大幅な修正となった。

 グーグルと米出版界が2008年に合意した従来の和解案では、著作権の国際条約の関係から海外の著作物にも効力が及ぶ。フランス、ドイツ両政府が和解案に反対する意見を米連邦地裁に提出。日本の著作権者の一部からも異議が出ていた。

 9月には米司法省が市場独占の懸念があるなどの理由から「和解案には修正が必要」との意見を裁判所に提出していた。修正案はアマゾン・ドット・コムなど競合事業者にも書籍配信システムを提供することを表明。司法省からの指摘に配慮した結果とみられる。

修正されたからよかったものの修正前の判決が日本にも及ぶところだったのに日本政府は口出ししなかったんだね
投稿者 メール  
(゚Д゚) <