レイプ描写で国際問題に…アダルトゲームの是非
1投稿者:【萌え狩り?】  投稿日:2009年06月03日(水) 13時07分59秒
児童ポルノ法改正めぐり論議再燃

東京・秋葉原では美少女系から陵辱系まであらゆる種類のアダルトゲームが売られている(クリックで拡大) レイプ描写が盛り込まれた日本製のアダルトアニメゲームが国際問題になっていることを受け、児童ポルノ法(児ポ法)改正賛成派と反対派のバトルが過熱している。賛成派は騒動にかこつけて規制強化に向けた動きを活発化。一方、規制反対派たちは「萌え狩りだ!」などと猛反発している。

 児ポ法改正は以前から論議されていたが、議論再燃のきっかけとなったのは、パソコン向けのアダルトゲーム「レイプレイ」。母娘にレイプするという鬼畜な内容に、英米からクレームが付いた。
http://www.zakzak.co.jp/top/200906/t2009060244_all.html
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年06月03日(水) 13時10分30秒
 改正賛成派である自民党の山谷えり子参院議員は先月22日、「性暴力ゲーム」の規制を検討する勉強会を党内に設置すると発表。児童ポルノ規制運動を展開する日本ユニセフ協会も「日本では実写のみが対象だが、未成年にまつわるすべての性表現を規制の対象にし、単純所持も禁止するのが世界の流れ」と主張している。いずれも、今回の騒動に乗じて規制強化の動きを進めようという意図が感じられる。

 勢いづく賛成派だが、苦言を呈する人もいる。

 児ポ法に詳しい山口貴士弁護士は「今回の(レイプレイの)問題は、児童ポルノの議論とは切り離して考えるべきだ。児童ポルノ規制の法的根拠は、被害者の存在にある。ゲームは創作物であり、登場人物は虚構。誰の人権も侵害していない以上、表現の自由の範囲内であり、販売を禁止する根拠は存在しない」と語る。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏も「単純所持まで法律で禁止されると、迷惑メールに添付された児童ポルノ画像を気づかずに所有していたり、ネットサーフィン中に意図せずに画像に行き当たるといった“動機なき罪”に問われる可能性も出てくる。特定の相手をおとしめる手段として、児童ポルノ画像をメール送信したり、ウイルスに仕込んでパソコンに送り込むという手口も考えられる。しっかりと法を整備しないと、大きな混乱を招く」と危惧する。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年06月03日(水) 13時13分00秒
最初は中出ししたら
「死ね!!」ていうお姉ちゃんが
どんどん従順になったりして。
妊娠するとおなかがポッコリして。
ちょう萌えるゲームヽ(´ー`)ノ
投稿者 メール  
(゚Д゚) <