ぼくはそのカフェに恋をした
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年03月22日(日) 20時56分50秒
てめぇなんざは缶コーヒで十分なんだぜといわんばかりの
養豚場のブタでもみるかのように冷たい目でみつめる彼女にぼくは恋をした
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年03月22日(日) 21時09分41秒
明日こそは言ってみよう。「カツ丼はできないんですか?」と。
その時の彼女の視線を想像し、ぼくはたとえようもなく幸福な気持ちになった。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年03月22日(日) 21時13分50秒
24時間人間として無視され続けているぼくの、たった一瞬のいこいの時
が、彼女の冷たい視線だった。憎悪は時として無視よりはるかに快い。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年03月22日(日) 21時15分56秒
恋するのわかる
投稿者 メール  
(゚Д゚) <