「ぼくたちが考えるに、」チャールズ・レッドビーター著
1投稿者:書評  投稿日:2009年03月04日(水) 16時12分48秒
 日々進化するネットの世界。技術論を語られてもさっぱりだが、いまネットの世界で何が起ころうとしているのかを知りたいならこの一冊。

 ネットの世界で飛躍を続けるグーグル、ユーチューブ、アマゾン。これらの企業に共通して言えることは、独占ではなく共有という考えだ。たとえば誰かが撮ったビデオを、ユーチューブで世界中の人が見られるように。英国人の著者は言う。

※この続きは本日18時に公開!
http://npn.co.jp/article/detail/01545045/
2投稿者:※この続きは本日18時に公開!  投稿日:2009年03月04日(水) 18時11分38秒
 「20世紀において、人々は所有物で判断された。車や家などが判断基準だ。21世紀には、人々は同時にどのように共有するか、何をあげてしまうかによっても判断されるようになる。だからこそウェブが問題となってくる」
 この「人々に公開して、人々と共有する」という考え方は政治、科学、福祉のあらゆる分野で始まるだろうと説く。(税別1800円)
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年03月04日(水) 18時16分25秒
おくりびと→こすりびと→シコシコ→ツルツル
http://npn.co.jp/article/detail/20199638/
投稿者 メール  
(゚Д゚) <