手順が長すぎる
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年02月17日(火) 01時54分46秒
@あお向けに寝て、手足を投げ出す。手足の力が抜けていく。手足がどんどん重くなっていくと想像する。
右手→左手→右足→左足の順にやってもよい。
A手足が重くなり、心地よいだるさを感じられるようになったら、
つぎに頭→首→肩→胸→腹の順に力を抜いて、全身をリラックスさせる。
胸と腹は、どんどん重くなるという暗示がよい。

B十分リラックスしたら意識を額に集め、それから頭のてっぺん→後頭部→首筋→背中の上部と
1〜2センチの感覚で意識を小さなパチンコ玉ぐらいの球体として思い浮かべ、ゆっくりと動かしていく。
その玉が白光を放っているとイメージするとなおよい。

C意識を首の下まで落とすと、ほとんど眠くなる。まだ眠れない人は、腰→下腹へと落とす感覚を覚えること。

D眠りに落ちる寸前の体や意識の状態を思い浮かべる。体の力が抜ける→頭が重くなる→ぼんやりしてくる→意識がまとまらなくなる→暗くなる。

Eすると脳波がシータ波レベルに入り、青紫色の雲がまぶたの裏に現れる。やがて雲が消えて、カラーの映像(夢)が展開する。
で、とりあえず自分が何もない空間or宮殿(この辺りは好みで)に居る事を想像する周りを見渡すと、近くに二本の柱が立ってる事を想像。その二本の柱の先には淡い光が広がっている
近づいて左側にある柱に寄りかかる。つーか座る
座ったまま光を見て、その光の中に見たい夢を妄想する
意識が遠のいてきたら(この辺りは慣れだな)その柱をくぐるor間を通る
夢の世界へれっつごー
柱がダメなら鳥居とかトンネルでもおk。とにかくくぐれる物な

これは明晰夢ってのを見るための方法らしい
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年02月17日(火) 01時56分01秒
ヘミシンク聴けばいい
投稿者 メール  
(゚Д゚) <