小尻記者
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年01月29日(木) 14時01分44秒
ある公的な組織に属するある人物とは?
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年01月29日(木) 14時10分12秒
5件もやっていたのか!
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年01月29日(木) 14時10分44秒
船舶振興会でしょう
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年01月29日(木) 14時11分47秒
笹川か!
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2009年01月29日(木) 14時31分56秒
 記事によると、男は都内の元右翼構成員。誰もが知る“公的な組織に属する人物”から「朝日を狙ってくれ」と金で依頼され、「東京本社」「阪神支局」「名古屋本社寮」「静岡支局」の順に襲撃(静岡支局は爆破未遂)。当初言われていた怨恨や思想的背景はなく、記者1−2人を殺害することのみが目的だったという。

 また、一連の朝日新聞襲撃事件と同じ「警察庁指定116号事件」に後に指定された「リクルート会長江副浩正宅銃撃事件」、参考事件の「中曽根康弘元首相襲撃事件」には関与しておらず、「赤報隊」を名乗る犯行声明は後日、別人に書かせたものだという。

 阪神支局襲撃にはバイクを使用し、複数回の下見の後、関西系暴力団に所属する案内役兼運転手と、男の手下で見張り役らの複数で実行。事件から10年後の97年、見張り役の男が自殺したことから、真相を表に出したいという思いを強くした。

 2004年、刑務所収監時に朝日新聞東京本社や阪神支局に手紙を送付し、記者2人との特別面会が実現したが、刑務所の面会室で、記者の1人に高圧的かつ直接的に問いただされたことから面会は決裂。今回の独占手記につながったという。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <