世界初の「エアコン」ビーチ。ドバイに建設プラン
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月17日(水) 22時10分23秒
―Mail Online―
このところの原油価格の暴落により砂上の楼閣とも伝えられているドバイですが、またあらたに贅を極めたプロジェクトの建設プランが発表されました。

これは、記事元メールオンラインの表現を借りれば「世界中の汚らわしい金持ちども」が暑く灼けた砂浜で足を火傷しないよう、ホテル前の浜辺全体を冷却するという試み。

場所は来年後半もしくは2010年前半までに開業するパラッツォ・ヴェルサーチ(Palazzo Versace)前の浜辺で、日中には4,50度の温度に達する砂浜を、地下に埋められた熱吸収パイプと地上の巨大な送風機で、快適な温度に冷ますというもの。
パラッツォ・ヴェルサーチ自身にもコンピュータ制御で、一年中水温が適温に保たれるプールがあり、「汚らわしい金持ちども」は快適な砂浜で甲羅干しならぬサンベーシングを楽しんだ後、プールに浸かって戯れることができるようです。

しかしながら近年ドバイに増え続ける豪奢なプロジェクトは、環境保護とはあきらかに逆行するもの。
メールオンラインによれば、ドバイでの住民1人当たりの年間CO2排出量は44トンにもおよぶそうで(日本は1人あたり年間9.8トン)、このまま都市が発展するにつれ、影響が懸念されるところです。

これに対してパラッツォ・ヴェルサーチのトップはこう述べています。
「われわれは、砂浜から熱をとり、涼しく保ってお客様が快適におやすみになれるようプランを進めており、環境維持は可能と考えております。
またこれはtop peopleがお望みになるものであり、super richな方々はピュアな満足感のみを欲するものです。上質なお客様は灼けた砂浜を歩くことを好みません」
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月17日(水) 22時13分38秒
麻布さん連れてって
3投稿者:腐れ厨房(゚ホマ゚)二昨年7台目ホマ  投稿日:2008年12月18日(木) 06時44分55秒
「イラク派遣のC131輸送機のコックピットは70度になるので現場の人は大変な思いをしている」て言うてもしたが明らかにウソ。()イビ
投稿者 メール  
(゚Д゚) <