厚労省は役人をすべて入れ替えて望むべき
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時07分00秒
http://www.asahi.com/national/update/1213/OSK200812130081.html?ref=goo
病院PFI初の解除

すべては厚労省が悪い
地方の公立病院が多額の負債を抱えてるのはみんな厚労省のせい
患者数の見込みを出して地方の市町村に借金をさせて立派な病院を建てさせ
医師数の絞り込みと医療費の抑制をその影でやる
医師不足から診療科を減らし、そのために患者数が減り大幅な赤字を出し続ける病院
患者は行く病院がなくなりたらい回しにされ死んでいく
厚労省の役人は地獄へ堕ちる
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時09分29秒
医者の収入を減らせばいい
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時13分15秒
医師の収入を減らしてる地方病院は敬遠されてしまうので医師不足が深刻化してる
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時14分57秒
いやもう医者が病気を治せなくなってきてるんだよ
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時14分57秒
公立病院の後期専修医の年収は300万台なんだけどな。
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時17分28秒
民間医療や伝統療法の医療行為を認めるようにすれば
患者が分散して医療費が抑制される
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時17分46秒
癌と診断されたら、50%以上の確率で癌死するし、
社会復帰にいたっては数割でしかない。そういう人間には死んでもらおう。当然、後期高齢者も。
というのが小泉改革だったわけで。
文句はマスコミ通じて医者に言えと、医者が減れば重病を治して医療費
が増えることもない。
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時19分14秒
医療費抑制は小泉以前からの話なので7は的はずれもいいところ
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時20分33秒
小泉は厚生大臣だったころ・・・。
10投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時22分40秒
そのうち国民皆保険制度が崩壊して米国みたいなシステムになり
患者の治療法にまで保険組織が口だしするようになるよ
そして高度医療を受けられない貧乏な大衆は死んでしまうんだ
11投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時24分14秒
どのみちカロビーのみんなはもう無理だよ。
胃癌にでもなったら。入院費をまず500万入れてくれって
世の中にもうすぐなるからな。
12投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時27分59秒
これからは大病にならないように細心の注意を払って日常生活を送らないといけない
糖尿病なんてもってのほか
13投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時28分16秒
優秀な医学生がめざす分野
 ハーバード・メディカルスクールの最終学年のカップルである Thomas Hocker と Meena Singh にとって魔の3月は特別な意味がある。既に教育ローンを約33万ドル借り、さらに2万ドル借入して今冬は約20のレジデント応募の面談に国中を飛び回った。昨年医学生の第1志望で皮膚科のレジデントに合格したのはわずか61%しかいなかった。内科では98%、家庭医では99%であった。内科(5,517)と家庭医(2,603)に比べて、皮膚科のポストが320と極めて少なく優秀な学生が応募する。皮膚科、形成外科、耳鼻科(一部は顔面の美容外科を行う)が最も人気が高く優秀な医学生が押し寄せている。こうした専門医への流れは、主要な病気の治療管理と医療の末節だった分野だったものが、患者の人生の改善と、高い報酬やより自律性自己制御性のある医師自身の人生の改善といった専門性への米国医学生の優秀層の移動と結びついている。
 残念な状況であるが、糖尿病や高血圧の患者を相手に1時間診療しても100ドルにしかならないが、同じ時間でボトックスを使えば2,000ドルの稼ぎとなる。皮膚癌の治療や美容整形で診療時間を定時に守ることが可能で充分な報酬を得られるためにこうした分野が選ばれるということだ。
 医学校の教授や管理者が、最も多い重症な病気を管理する家庭医のような分野に優秀な学生をリクルートしようとしているが、それらは外国の医学校の卒業生が母国にもどった場合必要なので選択している。プライマリケアや家庭医が米国では不足している。主要な病気や予防医療に必要な人材を育てようと医学校も最近努力はしている。25年前、医学生の間では内科と一般外科が最も競争が激しかった。
http://kurie.at.webry.info/200803/article_32.html
14投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年12月14日(日) 14時28分52秒
糖尿病は初期に治療なり生活習慣の改善をしなかった奴らがコストを上げている。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <