フィリピン当局、逃亡の弁護士を拘束不法入国の疑い
1投稿者:日本の闇  投稿日:2008年11月25日(火) 02時21分31秒
フィリピンの入国管理当局は24日、約2億5000万円の脱税容疑で逮捕状が出ている元大阪府議の弁護士、小川真澄容疑者(64)を、偽造旅券で不法入国した疑いで同日拘束したと発表した。入管当局によると、1週間前後で日本に移送される見通しという。
 小川容疑者は24日午後、関西空港に向けてマニラを出発する予定だった。入管当局は、日本側から小川容疑者が偽造旅券を所持しているとの情報を得て、行方を捜査。マニラ中心部のホテルに滞在していた同容疑者を拘束した。
 入管庁舎で取材に応じた小川容疑者は「脱税の意図はなかった。税務当局との見解の相違で、こちらの主張が受け入れられなかった」と説明。他人名義の旅券を入手し国外逃亡したことについて「行方をくらませるため、やむを得なかった。帰国して当局に出頭するつもりだった」と話した。

これは単なる脱税事件ではないと思う
投稿者 メール  
(゚Д゚) <