「めぞん一刻」の駅舎お別れ
1投稿者:マッケンロー  投稿日:2008年11月14日(金) 12時24分56秒
だってよ
http://www.asahi.com/culture/update/1114/TKY200811140035.html
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年11月14日(金) 12時25分59秒
どうでもいい
3投稿者:(`Д´;)  投稿日:2008年11月14日(金) 12時27分49秒
めぞん一刻はよんだことがないけど、どんな話?
響子さんやらせろー的?
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年11月14日(金) 12時29分34秒
30過ぎのおばちゃんが若い男性をたぶらかす話
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年11月14日(金) 12時30分23秒
響子さん(ファティマ)と五代くん(騎士)の物語
6投稿者:(`Д´;)  投稿日:2008年11月14日(金) 12時31分44秒
FSSの延長戦だったんだ。
7投稿者:腐れ厨房(゚ホマ゚)二昨年7台目ホマ  投稿日:2008年11月14日(金) 12時41分22秒
とても面白いマンガでしたがごずえとかゆ家庭教師先の女子工房にモテるてゆトコだけ共感できなくて集英社逝こかと思うもしたです。()イビ
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年11月14日(金) 12時41分57秒
消化器持ってか
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年11月14日(金) 12時47分58秒
ごずえ
10投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年11月14日(金) 13時01分02秒
響子さんって22歳とかじゃなかったっけ?
11投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年11月14日(金) 13時02分10秒
なんだじゃ中年男性に誑かされた大家さんの後日談いう設定か
12投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年11月14日(金) 13時02分27秒
クサチュー=四谷さん
13投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年11月14日(金) 13時04分49秒
響子さんって高校の担任と卒業してすぐ結婚したって設定だったと思うけど
今だとちょっと問題ありそげ?間違いなく高校時代からセックスしまくってたって見なされそうだし
14投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年11月14日(金) 13時05分50秒
高校卒業後1年半で結婚、半年で死亡、その半年後に管理人になってるから登場時で二十歳そこそこのはず
15投稿者: 投稿日:2008年11月14日(金) 13時05分57秒 ID:kFiti5Fm
四谷さんは明るい田中くんだ。
本人も意識してると言ってた。
16投稿者:来年五十路  投稿日:2008年11月14日(金) 13時09分32秒
1959年秋 誕生。
1966年4月 小学校入学。この記述(写真の添え書き)[1]があるため1959年生まれとわかる。
1975年4月 女子高入学。
1977年4月 音無惣一郎と出会う。
1979年秋 惣一郎と結婚。
1980年4月 惣一郎死去。未亡人となる。
1980年秋ごろ 一刻館管理人に就任。五代裕作と出会う。
1986年12月 五代のプロポーズを受け入れる。
1987年4月(推定) 五代と結婚。結婚式前日に籍を千草家に戻す。
1988年4月(もしくは3月) 長女・春香誕生。
17投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年11月14日(金) 13時12分01秒
1961年 誕生
1980年 一刻館に入居。
1980年秋ごろ 音無響子と出会う。
1981年4月 私立三流大学に入学(教育学部)。大学では1年秋の大学祭の前あたりから、成り行き上人形劇サークルに所属するが、入部当初を除き、ほとんど幽霊部員としてサークルに顔を出さなかった。
1981年4月12日 響子が未亡人であることを知る。
1982年秋ごろ 響子が三鷹と結婚すると勘違いして家出。パチンコ店『大宇宙ホール』2階にあったアパートに引っ越す(後に一刻館に戻る事になる。ちなみに結婚したのは三鷹の妹であった)。
1983年末 一刻館の自室の窓から転落。足を骨折して入院。
1984年9月 響子の母校であった女子高に教育実習に行き、国語科を実習した。(音無老人が高校の理事だったためその縁で行く事になった。)
1985年3月 大学卒業。就職を予定していた企業、「霞商会」が倒産してしまったために「しいの実保育園」でバイトを始める。
1986年4月(推定) 保育園を人員削減でクビになり、友人である坂本の紹介で、キャバレー「バニー」にてバイトを始め、『宣伝部部員(呼び込み)』の他、保育園でのバイトの経験からホステス達の子供の面倒をみる『福利厚生部長(要するに子守り)』の役職を得る。尚、子供達には『ぶちょー』と呼ばれ慕われていた。
1986年11月(推定) しいの実保育園の園長がぎっくり腰になり、しいの実保育園への正式な就職が決定する。それに伴いキャバレーのバイトは辞める事になるが、ホステス達や子供達からは辞めないように引き止められる等、その退職を惜しまれる。
1987年4月 響子と結婚。
1988年4月(推定) 長女・春香誕生。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <