体細胞クローン技術の人間適用の危険性について
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年09月08日(月) 07時34分50秒
体細胞クローン技術の人間適用の危険性について

非常に不可解な事が頻発している。
クローン人間の悲劇・撹乱は始まっているのではないのか?

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/8621/1209631328/
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年09月08日(月) 07時35分12秒
植物工場と人間養殖容疑(SPF養豚)との共通点
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/soc/1167046050/166-196

1.建物に(生産している生物が外部から見える場所には)窓がない:
    http://ime.nu/betweenweb.jp/grad/other/closeup/akita-ken-grad/index.html
    http://ime.nu/www.zcss.co.jp/syuton/007.html
    SPF養豚や植物工場が人間養殖の場合、監禁・殺人犯罪発覚を防ぐために
    外部から飼育生物が見える場所には「窓」は必然的に作れない。

2.温度、湿度、換気などを全て電気制御する完全環境制御型施設である事:
    http://ime.nu/betweenweb.jp/grad/other/closeup/akita-ken-grad/index.html
    http://ime.nu/www.zcss.co.jp/syuton/007.html
    日照を利用できる「窓」がない以上、温度、湿度、換気などを全て電気制御するシステムになっている点が
    植物工場とSPF養豚とで奇妙に一致しており、上の2つのURLで
    示したように建物の概観が酷似している。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年09月08日(月) 07時35分26秒
3.通常の施設農業、畜産としては採算がとりにくい事:
    窓がなく日照を全く使えない栽培様式の場合は、通常の作物では農業生産の採算がとれない。
    特に秋田県では広大な土地が余っているので、太陽光線を利用しない施設栽培を行う必要がない。
    またこれだけの施設である以上、冬季のみ稼動させる訳にはいかず、春〜秋の稼動では赤字が更に嵩む。
    しかし養殖人間なら臓器や医薬が高く売れ、採算がとれる。また養豚に関しても同じ事が言える。
    SPF養豚とは結局、養豚過程においての豚の健康状況を向上させる事が目的である以上、
    額面通りでは実は通常の養豚と本質面では変わらないので、臓器等が売れる人間養殖でない限り採算がとりにくい。

4.クローン生物を用いている事を強調している:
    SPF養豚とされている施設ではクローン人間が使われているとしか
    考えにくい生産ステップを踏んでいる。また同様に植物工場でもクローンを
    使っていることを積極的にPRしている。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年09月08日(月) 07時37分10秒
偉い人が乗る車も
アホなぼくが乗る車も
タイヤは4つやん?
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年09月08日(月) 08時17分46秒
テスト
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年09月08日(月) 09時09分48秒
テスト2
投稿者 メール  
(゚Д゚) <