太鼓の達人について俺一人が熱く語る。
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年07月14日(月) 13時19分06秒
太鼓の達人について熱く語ります。
7月14日ということでお許しください。

太鼓の達人をプレイしたことのある人ならわかると思いますが
あれは上手い人には猛練習しないとかなわないゲームです。
リズムゲーなんてどれでもそうですが、コナミと違って
太鼓の達人はナムコはほんわかさがあります。
そのほんわかさを「リズムゲーだから努力して上手くなる奴以外は知らん」といって
切り捨てるのはもったいないと思います。

しかしそれはナムコも重々承知の上に苦肉の策として
色んなおまけモードを追加しているのだと思います。
しかし肝心の演奏モードにはほとんど手をつけていません。

例えば自分がこれ以上無いくらいベストコンディションの時に出した「自己ベスト」
その曲はもうやらないと思います。何故ならもう超えられないと思うからです。
ここに重大な問題があると私は思います。
自己ベストを出さなければドンポイントが少し上がるだけで終了です。
多くの人は「時間の無駄だった」と思うでしょう。
ここを変えなければいけない。
2投稿者: 投稿日:2008年07月14日(月) 13時25分06秒
ゲームセンターでも一度はやったことがある人は居るでしょう。
その時の気持ちはどうでしたか?
かんたんを選んだ人は「意外と面白いなこれ」と思ったかもしれません。
しかし大抵の人はむずかしいを選びます。それが男のプライドだからです。
むずかしいを選び、まったく叩けず後ろのギャラリーの反応が怖くてオロオロする。
「ノルマクリアしっぱ〜い」
あまりの恥ずかしさに声を出して泣き出すあなた。
見ていたギャラリーの中から出てくる一人の男
無言でコインを入れ、一番難しい曲を選ぶ
難易度は・・・おに・・・
むずかしいよりさらに難しいモードで難しい曲を華麗に叩くその男の姿に
神々しささえ感じた俺は、泣きべそをかきながらダッシュで家に帰った・・・。
3投稿者: 投稿日:2008年07月14日(月) 13時31分58秒
家に帰るとそこには1台のパソコンが悠然とこちらを向いて待っていた。
俺は早速パソコンの電源ボタンを押す・・・するとパソコンが起動した。
インターネットをする。
とうとう見つけた、ナムコのホームページだ。
お客様コーナー、ご意見、ご要望の欄に必要事項を記入する・・・。
「今日、太鼓の達人のせいで泣きました」・・・と。
メールを出してわずか30分で返事が来た。
この時点で俺はナムコの大ファンになった。
誰からもメールの来ない俺なんかに、大企業のナムコが返事をしてくれるなんて・・・
それがナムコ担当の井ノ下さんだった。
俺はその時点ではまだ屈辱の悲しさを抑えきれずにいた。
そしてこうメールを送った。
「井ノ下さん、あのゲームはおかしい!大の大人である俺が泣いたんですよ!」
それから20分後、メールの返事がきた・・・。
4投稿者: 投稿日:2008年07月14日(月) 13時36分17秒
「そうですか、そんな事があったのですか・・・早速太鼓の達人チームに知らせておきます。」
普通ならばロボットのような文体で返ってくるはずのメールが
井ノ下さんの対応はあくまで紳士的だった。
俺のようなろくでなしの意見を取り入れてくれるだなんて
なんていい会社なんだ。
それから俺は井ノ下さんに恋をするようになった。
井ノ下さんが男であろうが女であろうが構わない、俺はこの人が大好きだ。
5投稿者:デブオタにいさん。  投稿日:2008年07月14日(月) 13時38分24秒
チンコの立つ人に見えた
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年07月14日(月) 13時45分44秒
太鼓の達人
チンコのタツ人

似てるなあ
7投稿者:ガダルカナルタカ  投稿日:2008年07月14日(月) 13時47分25秒
ガダルカナルだけど何か質問ある?
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年07月14日(月) 15時03分16秒
六甲おろしが一番燃えます
ギャラリーもノリノリ、ちょっといかした女子高生もヌレヌレみたいな
投稿者 メール  
(゚Д゚) <