人生においてタイミングは重要なのです
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年03月12日(水) 00時06分51秒
いまフリーターとかやって貧困に喘いでる30代とかの人って、みんなが就職活動してるとき
何してました? 
「会社なんか入って時間に縛られるのは嫌だし、月給二十万なんて足りねーよなww」
って人、いましたよね。
フリーター諸君たちは若さゆえバリバリバイトで稼ぎ月給30万、40万をゲット。
フリーターの彼は思いました。やっぱり就職なんてするもんじゃねーよなw
時は経ち30代、就職組みはそれなりの仕事を任され、給料も上がって行きます。
フリーター組みは10代、20代の頃より体が疲れるようになってきました。
肩書きも貯金も、社会保障も何もありません。
派遣労働の自由化さえ無ければ救われた人は結構いると思う いや本当に
そろそろ正社員にでもなろうか、と重い腰を上げるのですが、びっくりした事にどこの
会社も落とされてしまいます。そもそも募集要項に合致しないんです。
うーん、おかしいな・・。
という事で腑に落ちないまま、生活のためにバイトを続け食いつなぐ日々。
体の疲れはピークに達し、肉体的にも精神的にも限界にっ!!
そんなある日、派遣労働やフリーター達を応援する会を見つけ、これだっ!と駆け込むのでした。
そこは彼をやさしく向かい入れてくれ、非常に良心的な会費で会員としてくれたのでした。
そこで彼は様々な知識を貪欲に吸収し始め、今では
 「貧困労働を無くそーっ!!」
日本の三大悪は官僚と団塊世代と派遣業 である
彼の足跡というべき履歴書には年齢と共にアルバイト年数が増えた、これだけです。
就職組みの彼には年齢と共に経験、人脈、成果、給料、その他増えて行きました。
様々な異論もあり事情も個々ある事でしょうが、これが現実なのです。
良い悪いではなく単に結果なのです。
就職活動すべき時にしなかった、これだけなのです。
昔から言います。悪因悪果、因果応報。
最後に、こんな物語もあります。 蟻とキリギリス 
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年03月12日(水) 00時07分42秒
1行目であきらめた
3投稿者:(o!o)  投稿日:2008年03月12日(水) 00時10分41秒
1さんが実に気持ち良さそうなのは伝わってきます
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年03月12日(水) 00時35分09秒
組みってのが嫌だ
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年03月12日(水) 00時36分39秒
長い
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年03月12日(水) 07時48分49秒
タイミン、ケタケタケタヒャララ
タイミン、シャラシャラシャラシャラ
この世で一番肝心なーのは
ステキなタイミング〜♪
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年03月12日(水) 08時28分41秒
そういや久しぶりに会った大学の知り合いが
過労で見事に禿げてた
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年03月12日(水) 09時02分24秒
禿げは運命病
投稿者 メール  
(゚Д゚) <