栗原貫録17発新4番の自覚十分
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年02月02日(土) 00時23分52秒
フリー打撃で栗原健太内野手が50スイング中、17本の柵越えを披露。
白球が次々とスタンドに消える。ファンは感嘆のため息を漏らした。
グラウンドの選手も思わず視線を向けていた。8割が安打性の当たり。
5本連続の本塁打もあった。「柵越えの数は関係ない。
やるべきことはたくさんある」。そこには慢心も、満足感もない。
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cw200802020053.html
栗原最高や!
新井なんて最初からいらんかったんや!
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年02月02日(土) 00時29分56秒
プロ入り初となる打撃練習で、36スイングしてサク越え13本。圧巻の「中田ショー」を繰り広げた。

 特に、矢野打撃投手を相手に打ち込んだ後半の19スイングは、6連続を含むサク越え10本。スコアボード直撃や、左中間場外のビーチまで運ぶ一発も見せた。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=npb&a=20080201-00000072-mai-base
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2008年02月02日(土) 00時41分49秒
栗原(カープの4番)50スイング17本・5本連続
中田(高校3年生)36スイング13本・6本連続
4投稿者:(o!o)  投稿日:2008年02月02日(土) 00時46分21秒
くやしいのぅ・・・ギギギ
投稿者 メール  
(゚Д゚) <