まんこの現状
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年12月16日(日) 10時54分53秒
日本代表 高良(鏡原中)・高井さん(沖尚中)
 那覇市の鏡原中学校一年の高良俊輝さん(12)と沖縄尚学高校附属中学校一年の高井美波さん(13)が、
二十五日から三日間、中国・長江中流域の江西省南昌市で開かれる
「日本・中国・韓国子ども湿地交流・湿地の学校」に日本代表として参加、
ラムサール条約の登録湿地「漫湖」について発表する。

「湖・池・沼と人々の暮らし」をテーマに、日本、中国、韓国の湿地のある地域に住む小中高校生らが、
各地域の湿地や環境美化の取り組みなどを紹介する。

日本からは、高良さんと高井さん、漫湖水鳥・湿地センターの広川ヨシ子主査のほか、
愛知県の中学生らが参加する。

小学生のころから同湿地センターへ通い、水鳥の観察やごみ拾いを続ける二人は
「命どぅ宝 湿地どぅ宝〜漫湖の活動を通して〜」と題し、スライドを交えながら英語で発表する。

高良さんは「漫湖は鳥が飛来して環境がいいように見えるが、
鳥に釣り糸が引っかかったり、ごみがいっぱい」と話した。

高井さんは二十年前に比べて野鳥が激減していることについて、
「沖縄の自然を観光に生かすよう、他の国の取り組みも勉強したい」と語った。
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200712161300_01.html
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年12月16日(日) 11時45分35秒
〜マンコの活動を通して〜
3投稿者:.  投稿日:2007年12月16日(日) 12時19分17秒
美しい漫湖の私。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <