携帯小説
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年12月02日(日) 18時13分30秒
───アタシの名前は雑魚.運営1号。心に傷を負った在日韓国人。ドムグフデブタラコ唇のモイキッショヴァーハソ♪
アタシがつるんでる友達は麻薬をやってる雑魚.運営2号、家族にナイショで
売春している雑魚.運営2号。訳あって新興宗教メンバーの一員になってる雑魚運.営3号。
 友達がいてもやっぱりホントはタイクツ。今日もカロビーとネトヲチで口喧嘩になった。
在日韓国人同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「風呂入れよ」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいキャッチを軽くあしらう。
「訴えられたときの弁護士どうー?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
キャッチの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
 「ダメだこりゃ・・。」・・・またか、とデブでバカなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとキャッチの男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男は東京kittyだった。連れていかれてアナルレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。ヲッスヲッス(笑)
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年12月02日(日) 18時18分29秒
調子に乗ってスレまで立てるキチガイっぷりはどうにかならんのかツネトシ
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年12月02日(日) 18時21分40秒
ケータイ超克
投稿者 メール  
(゚Д゚) <