最近のボーイング747は主翼の先端が垂直に
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月27日(火) 23時34分12秒
立ってるが、そんなことなんで今まで気付かなかったんだよ!
2投稿者:まりぃ@ittyokusen  投稿日:2007年11月27日(火) 23時35分19秒 ID:/bMRayaI
昔の747にはなかったのでしょうか(・▽・)
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月27日(火) 23時40分38秒
昔のには無い
あれ付けると燃費良くなるんだ
4投稿者:まりぃ@itt  投稿日:2007年11月27日(火) 23時43分32秒 ID:/bMRayaI
マイナーチェンジってあるのですねぇ・・・δ(’▽’)
747SEとか呼ばれているのでしょうか。

ちなみに、確かに跳ね上がっていると長距離飛行の時は有利らしいですね。
風が乱れなくて。飛行機には疎いですがそういうのが無かったのが不思議です。
あれって比較的新しい方でしたっけ?
5投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
6投稿者:こうは  投稿日:2007年11月27日(火) 23時45分42秒
正直飛んだことないので航空力学はわからん
7投稿者:まりぃ@ittyokusen  投稿日:2007年11月27日(火) 23時48分07秒 ID:/bMRayaI
トブのには航空力学はいりませんよ。なんでしたら薬学の初級で

それは兎も角、あの鉄の塊が飛ぶのはなんか不思議ですよねぇ。理屈が
あるにしても。間近に見るともうなんかアルマゲドンみたいな。
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月27日(火) 23時48分49秒
あれはボルテックスジェネレーター(ボーテックス)と言って
小さな乱流を発生させる事によって大きな乱流を防ぎ
結果抵抗を減らす意味があるらしいよ
9投稿者:まりぃ@MMR  投稿日:2007年11月27日(火) 23時50分11秒 ID:/bMRayaI
ああ!整流ではなく小さな渦をつくるのでしたっけ!!
なんか思い出しました有り難う御座います。(≧▽≦;)タハハ
10投稿者:こうは  投稿日:2007年11月27日(火) 23時50分40秒
空気でもって空気の抵抗を減らすのか?
難しいな
11投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
12投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月27日(火) 23時51分35秒
効果はゴルフボールのディンプルなんかと一緒だ
13投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
14投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月27日(火) 23時58分06秒
知ったかぶり糞味噌気持ち悪い
15投稿者:こうは  投稿日:2007年11月28日(水) 00時09分19秒
体感できないとわからん
16投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月28日(水) 00時14分16秒
体感すんのは無理だろうな
17投稿者:こうは  投稿日:2007年11月28日(水) 00時15分33秒
そういう装備をつけて追い風の中歩くみたいな実験をすれば
しないけど
18投稿者:こうは  投稿日:2007年11月28日(水) 00時15分53秒
追い風でどうする
19投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月28日(水) 03時27分25秒
機体全体にディンプルつけるのはどうなんだろう?同じ理屈かどうかわからないが最新の競泳水着はツルッとはせずうろこのようなものがついてるらしいし。
20投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月28日(水) 03時32分42秒
つぶつぶ模様の飛行機
21投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月28日(水) 10時14分33秒
  主翼前縁部分にポチポチがついている。後日航空雑誌にたまたまこのことが出ていた。これはボルテックス・ジェネレーター(渦発生器)といい,気流に対して角度をつけて取り付けられている。これで翼面に渦が発生し,翼面の気流がはがれるのを防ぐのだそうだ。気流のはがれは失速につながるため非常によろしくない。本来設計の段階ではこのボルテックス・ジェネレーターなど付けなくても気流がはがれないようにしているはずなのだが,実際に作ってみると,気流がはがれてしまうことがある。だからこれは「設計の失敗」を補うためのもので,ボーイングシリーズでは,707から777までこれがついていて,唯一の例外は747だそうだ。これは747の主翼設計が優れていることを示しているらしい。ボルテックス・ジェネレーターがついている部分は,「設計段階では起こりえなかった,気流がはがれる部分」を示す,ということになる。

  しかし707を設計した半世紀以上前の時代ならともかく,最新鋭の777になってもこうなんだ。流体力学とか,コンピューターによるシミュレーションとか,随分進んだと思うんだけど。「飛行機はなぜ飛ぶか」みたいな解説書を読むと,翼に働く力はすべて解明し尽くされているような錯覚を覚えるけど,まだまだ分からない部分があるということなんでしょうか?
22投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月28日(水) 11時28分20秒
ボルテックスジェネレーターは新幹線にもついているよ。
23投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月28日(水) 11時34分36秒
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88
翼端に付いてるのはウィングレットだった
すまん
F1のと混同してたわ
24投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月28日(水) 11時45分49秒
飛行機が飛べる理屈は、まだ完全に分かってる訳じゃないらしいよ。
こうすりゃ飛べる、みたいな状態らしい。
25投稿者:こうは  投稿日:2007年11月28日(水) 11時52分42秒
別に斜め上に推力があれば何でも飛ぶだろう
不思議なことじゃない
26投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月28日(水) 11時54分06秒
スカンクワークスは充分な推力さえあればスニーカーでも飛ばせると言ってる位だからな
27投稿者:こうは  投稿日:2007年11月28日(水) 11時57分02秒
そもそも重力が発生する理由がわからん
28投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月28日(水) 11時58分24秒
重たいものには引き寄せられる。
29投稿者:こうは  投稿日:2007年11月28日(水) 11時59分43秒
重力がなければ重さもないではないか
投稿者 メール  
(゚Д゚) <