1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月15日(木) 16時49分33秒
Kentaro Noda was born in Mie, Japan, where he studied under Nobuko Ishiodori, Takuya Kosugi, Yasuko Tasumi (piano) and Tatsunori Ishihara (theory) all before graduating from Mie Prefectural Yokkaichi Senior High School. He also graduated with music department prize and Kyoto music association prize from the Kyoto City University of Arts (piano course of music department) in 1999.

During 1999 and 2000, He studied piano under Kasandra Keeling and Theresa Bogard,organ under Mary Ann Jones (Mr.Noda was her last pupil) and composition under Anne Marie Guzzo at the University of Wyoming in Laramie (performance certificate). After transfer, he studied piano and composition under Gary Smart, marimba under Charlotte Mabrey at the University of North Florida in Jacksonville (performance certificate), and also graduated with The 29th Annual Award in May 2002.

After homecoming, his works were selected for The 19th JSCM Award for composers (Tokyo, Oct.2002; finalist), The 2nd JFC Award for composers (Tokyo, Nov.2002; finalist), The 3rd International Jurgenson Competition for young composers (Moscow,Jun.2005,category - string quartet; II prize), The 10th Tokyo International Competition for Chamber Music Composition (Tokyo, Dec.2005; finalist), The 12th International Young Composers' Meeting (Apeldoorn, Feb.2006; I prize), The 13th International Music Competition Bucharest organized by Jeunesses Musicales Romania (Bucharest, May.2006, category - composition.B; finalist) and The 57th Gian Battista Viotti International Music Competition (Vercelli, Dec.2006, category - composition; finalist).  
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月15日(木) 16時50分02秒
Since 2001,he started to attend several national&international masterclasses under Younghi Pagh-Paan, Yori-aki Matsudaira, Joji Yuasa, Toshio Hosokawa, Richard Ayres, Sam Hayden, Martijn Padding and Bogusław Julian Schaeffer. During Autumn 1999, he stopped to compose because of lacking original idea.But He founded the huge book,which named 'Introduction to Composition' written by Bogusław Schaeffer, at William R. Coe Library in University of Wyoming. After the miracle encounter, he was able to compose with new idea. In August 2006, he was able to attend The 10th Avantgarde Tirol as first Japanese invited composer.Now he will prepare solo piano recital named Bogusław Schaeffer's 60 years in the future.

He got several Japan and World première of contemporary music,including Michael Finnissy's English Country-Tunes (complete-performance,jp), Cornelius Cardew's Piano Sonata No.3 (jp), Fernando Mencherini's Sei Danze Armoniche (jp), Kenjiro Ezaki's Piano Sonata "Ethanes I" (wp), Brian Ferneyhough's Opus Contra Naturam (jp), Richard Emsley's for piano 1-12 (jp&wp), Eva-Maria Houben's klavier (jp), Volker Heyn's 203... (jp), Walter Zimmermann's Beginner's Mind (jp) and Dary Jonn Mizelle's Transforms 1-34 (complete-performance,wp).

Forthcoming Projects:World première, New transcription of Felix Mendelssohn's Wedding March by Kentaro Noda(Japan, 12/10/2007); Recording Session, including World première Recording of Toshiro Mayuzumi's 12 preludes and Fernando Mencherini's clusor (Kanagawa, Japan, 01/??/2008); New works for Ensemble Conceptual, Ensemble Concordia, Tokyoter Solisten Dreieck and The New Music Agency(??/??/200?).  
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月15日(木) 16時52分01秒
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月15日(木) 16時55分36秒
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月15日(木) 17時02分00秒
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー 投稿日:2007年11月15日(木) 16時49分33秒

Kentaro野田は彼が三重Prefectural四日市シニア高校を卒業する前にNobuko Ishiodori、Takuya Kosugi、Yasuko Tasumi(ピアノ)、およびTatsunori石原(理論)の下で研究した三重(日本)で生まれました。 また、彼は1999年に音楽部の賞と京都音楽協会賞で京都市立芸術大学(音楽部のピアノコース)を卒業しました。

1999と2000の間、彼はララミー(性能証明書)でワイオミング大学のアン・マリー・グッゾの下でKasandraキーリングとテレサBogardの下のピアノ、メアリ・アン・ジョーンズ(野田さんは彼女の最後の生徒であった)の下の器官、および構成を研究しました。 転送の後に、彼は、北部フロリダ大学のシャーロットMabreyの下でジャクソンビル(性能証明書)でピアノとゲーリーSmart、マリンバの下の構成を研究して、また、2002年5月の第29Annual Awardと共に卒業しました。

帰省の後に彼の作品が作曲家のための第19JSCM Awardのために選択された、(東京、Oct.2002;、決勝戦出場者)、作曲家のための第2JFC Award、(東京、Nov.2002;、決勝戦出場者)、若い作曲家(モスクワ、Jun.2005、カテゴリ--カルテットを結びます; II賞)のための第3国際Jurgenson Competition、Chamber Music Compositionのための第10東京の国際Competition、(東京、Dec.2005;、決勝戦出場者); 第12国際ヤングComposersのMeeting、(アーペルドールン、Feb.2006;、I賞)、Jeunesses Musicalesルーマニア(ブカレスト、5月の.2006、カテゴリ--composition.B; 決勝戦出場者)と第57ジアンバッティスタヴィオッティの国際Music Competition(ベルチェルリ、Dec.2006、カテゴリ--構成; 決勝戦出場者)によって第13国際Music Competitionブカレストは結団されました;
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月15日(木) 17時02分22秒
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー 投稿日:2007年11月15日(木) 16時50分02秒

2001年以来、彼はYounghi Pagh-Paan、Yori-aki Matsudaira、Joji湯浅、Toshio細川、リチャード・アリエス、サムヘイデン、Martijn Padding、およびBogusławジュリアンSchaefferの下の数個の国家的、そして、国際的なmasterclassesに出席し始めました。 彼は膨大な本を設立しました、ワイオミング大学におけるウィリアムR.コー図書館で。Autumn1999の間、彼は、欠いているoriginal idea.Butのために構成するために止まりました。(Bogusław Schaefferによって書かれていて、本は'Compositionへの紹介'を命名しました)。 奇跡遭遇の後に、彼は新しいアイデアで構成することができました。 最初に、日本人が彼が将来独奏のピアノの発表会の命名されたBogusław Schaefferの60年間準備するcomposer.Nowを招待したので、2006年8月に、彼は第10Avantgarde Tirolに出席することができました。

彼はピアノ1-12(jpとwp)、エバ-マリアHoubenのklavier(jp)、ボルカー・ヘインの203のために数個日本とブライアン・ファーニホーのマイケルFinnissyのイギリスのCountry-旋律(完全な性能で、jp)のコーネリアスCardewのPiano Sonata No.3(jp)、フェルナンドMencheriniのセイDanze Armoniche(jp)、Kenjiro江崎のPiano Sonata「エタンI」(wp)を含んでいて、現代音楽OpusコントラNaturam(jp)、リチャードEmsleyのWorld premièreを得ました… (jp), ウォルターZimmermannの初心者の心(jp)とDary Jonn Mizelleの変換1-34(完全な性能、wp)。

今度のProjects: 世界première、Kentaro野田(12/10/2007の日本)によるフェリクス・メンデルスゾーンのWedding行進のNew転写; 黛敏郎の12のプレリュードとフェルナンドMencheriniのclusor(神奈川(日本)01/?/2008)のRecordingに関してWorld premièを含むSessionを記録します; Ensemble Conceptual、Ensembleコンコルディア、Tokyoter Solisten Dreieck、およびNew Music Agency(/?/200?)のための新著。
7投稿者:.  投稿日:2007年11月15日(木) 17時33分33秒
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月15日(木) 17時36分21秒
投稿者 メール  
(゚Д゚) <