マジシャンの憂鬱っていう宝塚の劇を見てきた(@w荒
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月07日(水) 03時03分41秒
品川で環境関連の会議に参加した後、
有楽町に向かって宝塚の劇を見た。


「マジシャンの憂鬱」の方は
ハッピーエンドで終わったをもしろい話だった。

ある「透視・予知能力」のあるマジシャンが(とはいえ全て見通せるとは限らず、裏で工作したり、また推理能力を使ったりもしているのだが)、3年前に妻を失った皇太子から事件の真相について是非透視してもらいたいと依頼を受けたところから話は始まる・・・だが結果については見てからのをたのしみである(@wぷ

キツく見れば、
ぬるいと言えばぬるい話なのだが、
話の畳み方に程よさがあり、
それほどの違和感は無かった。


まあヲレのひいきの霧矢大夢が皇太子役をきっちり
こなしてたからOKとしよう(@wぷ

芸達者の嘉月絵理が11日の千秋楽で引退するらしい。

劇が終わった後、劇場の前で同じような服(例えばオレンジのパーカーやら青のジャケットなど)に身を包んだ親衛隊がひいきのタレントの出待ちをしていたのを見ながら、やっぱり早めにファンが組織的につかなければチケットを捌くのも大変だなと思ったりした。

2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年11月07日(水) 09時40分45秒
ツネチャン
投稿者 メール  
(゚Д゚) <