部分貨幣としてのファッションとスタイル
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年10月06日(土) 20時22分30秒
 風俗や習慣における流行には法則性はあるのだろうか 
「イケている」と「浮いている」についても考えてみる
 ほとんどの人間は、個性的な志向によってファッションや
スタイルを選択するというよりも、自らの帰属する小集団の
基準に準拠したファッションやスタイルを選択している
 もともとは個性の発現であるはずのファッションやスタイルは、
この意味で「小集団内の価値観を共有することを示す部分貨幣」
としての役割を果たしている。従って、ファッションやスタイルを
追求すればするほど非個性的になるという不思議な現象が生じてくる
 問題の小集団の貨幣を流通させている場合、「イケている」ということになる 
 ある小集団の「貨幣」であるファッションやスタイルは、他の
小集団においては兌換性があるとは限らない
 別の貨幣を使っている場合、「浮いている」ということになる。
 しかし、ある小集団のファッションやスタイルが大きく広がるときがある。
それが流行であり、ヒットというべきものだ 
 流行は、基本的に会話によって生まれるとヲレは考えている
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年10月06日(土) 20時22分34秒
 会話のネタになるようなものでなければ、流行たりえない
 会話によって人は価値観を交換し、より魅力的な価値体系に身を投じるのだ
 流行の端緒となる性格を持つ会話とは果たして何だろうか  
 それは新奇で珍妙なものに関する驚きと期待感に関する感情を相手に投射
することであり、従って流行となるものには「新規性」と「珍妙性」、そしてそれを
驚きと期待感をもって伝導するタネとなる一群の会話者が必要となる
 タネとなる火があれば、それらは次々と相互作用を起こし、通常の経済法則
である収穫逓減に反した収穫逓増法則に準拠し、ロックインを起こして流行となっていく
昔の言い方で言えばヘーゲル的な弁証法的運動が生じるわけだ
タネ火となる会話者に求められるのは、
1)信頼性
 小集団の中で価値観を決定する立場にいること。
2)おしゃべり
 会話の中でいかに自分がそのスタイルやファッションに驚きやときめきを感じたか
様々な語彙や状況で語ることができなければならない。
 
大きくいえばこの2つの資質を持つ者たちに直接アクセスすることが流行を「醸成する」
最も簡単な方法と言える
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年10月06日(土) 21時16分08秒
あげ
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年10月06日(土) 21時20分05秒
この人の考察はいつも鋭くて深いな
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年10月06日(土) 21時24分40秒
じゃ、めくらとツンボは最大の敵になるな。
投稿者 メール  
(゚Д゚) <