倭国
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年09月03日(月) 00時10分43秒
倭国と日本国は別の国であり
併合して日本国となったよ
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年09月03日(月) 00時12分48秒
「日本」の国号が成立する以前は対外的には「倭国」または「倭」と書かれ、国内的には「やまと」と読まれた。さらに古くは実に多様な名があったらしく、「大和」、「葦原中国」または「豊葦原千五百秋瑞穂国」、「中国」、「豊葦原中津国」、「豊秋津島」、「大八洲」、「磯輪上秀真国」、「細矛千足国」、「玉垣内津国」、等さらに多くの別名があった。漢文由来の異称も、中国大陸の扶桑蓬莱伝説に準えた「扶桑」、「蓬莱」という呼び方をはじめとして、「東海姫氏国」、「阿母郷」、「日下」、そのほか多様である。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年09月03日(月) 00時13分38秒
別名多すぎ
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年09月03日(月) 00時15分10秒
「日本」という国名が最初に公式に定められたのは、701年施行の『大宝律令』とされるが、条文法規に定められる以前、天武天皇の頃から使われてはいただろう。(「天皇」号の使用と「日本」号の使用は軌を同じくするとみられている(異説もある)。
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年09月03日(月) 00時17分26秒
遣隋使の報告には「倭国と日本国は別の国であり、併合して日本国となった[9]」とあるが、これは一般には天武天皇が弘文天皇の近江朝廷を滅亡させた壬申の乱を表していると解釈されている。平安時代の貴族の会話[要出典]の中で、日本国が中国に対して「日の本」すなわち東方にあることをもって日本としたと説明されており、畿内においては東方の飛鳥地方を日本(ひのもと)と呼び、更には朝廷から東方にある関東地方や東北地方を長らく「日本」と呼んでいたことからも、この説が妥当であるとする見解がある。ただし、景行期に東海地方以東の蝦夷の国を「日高見国」と呼んでいたことから反論も根強い。
6投稿者:タコモロウ  投稿日:2007年09月03日(月) 00時19分09秒
わかりやすく!
7投稿者:(o!o)  投稿日:2007年09月03日(月) 00時22分37秒
大和朝廷(倭国)が「日の本国」を滅亡させたとして
なんで負けた方の「日の本」を名乗るようになったんだろう?
投稿者 メール
(゚Д゚) <