この前の連休中の話。
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月21日(土) 01時51分09秒
久々の休日に街に行ってオタショップを回り、
夕飯も外で終えて夜遅くなった道をほろ酔いで歩いていたところ。
いきなり横道から出てきた野郎に腕を掴まれ、「オネーサンちょっとの間黙っててくれる?」と言われた。
こんな熱いのに深々と帽子にマスクって何だと思いながらもう頭の中真っ白、パニック。
すわ強盗かそれとも汚ピンク狙いか!とにかく何とかしなければ!
そういえばこういうとき「火事だー!」と叫べば誰か来てくれるってどっかで見た!
と思い、口を動かそうとするも「あ、あ、あ」と上手く声にならない。
身を引きながら思いっきり息を吸い込み必死で出した大声は。

 「ア、アミバ――!!!!」

声が出せた!と「アミバ、アミバー!!!」ととにかく連呼。飛んでるレコードのように連呼。
すると声を聞いたのか後ろから駆けつけてくる足音。
でもその人もやっぱりパニクっていたのか、聞こえてきた声は。

 「トキ――!!!」

助けに来てくれた!?味方だ!と思った私は必死に叫んで自己アピール。
アミバー!トキー!の奇妙な連呼を繰り返すうちに、野郎は私の腕を離して逃げていました。
そのうちに周りの家の人が通報してくれたのか、警察に事情聴取に。
「なんでそんな風に叫んだの?」と聞かれ、助けに駆けつけてくれた兄さんと二人で
「いやぁ、とりあえず何とかしなくちゃと思って…後は覚えてません」と苦笑い。

実は近所の人でオタだったその兄さんと警察署のロビーで話しこみ
(お互い安心したのか喋る喋る)仲良くなって来月一緒に映画見に行く事になりました。
とりあえず、ありがとう世紀末覇者。今度何か供えます。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月21日(土) 01時51分43秒
チーさん毎日休日やん・・・
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月21日(土) 01時53分32秒
面白い
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月21日(土) 01時53分34秒
カンペイさんですか?
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月21日(土) 01時57分15秒
アミバとトキには感謝しても、覇者ラオウは関係なくね?
投稿者 メール
(゚Д゚) <