朝鮮の両班、日本の武士になった場合を想像して日記を書こう
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月05日(木) 10時14分48秒
探究活動
次は朝鮮の両班と日本の封建時代の武士の生活ぶりを説明した文章だ。
自分が、朝鮮の両班、または日本の武士になった場合を想像して、一日の日記を書いてみよう。

「中央集権体制が維持された朝鮮では、官吏が最高の地位を享受した。
官吏は、試験を通じて選抜されたが、主に儒教の経典に明るい両班たちが官吏になり、支配勢力を形成した。
両班たちは、いろいろな社会的特権を享受しながら儒教文化を花開かせ、儒教的な礼節と風俗を百姓(=一般民衆)たちに広めた。
 一方、日本の領主たちは、農民を支配し他の地域の領主と戦って勝つために、武士勢力を養成した。
領主は武士に土地を与え、武士たちは武術を磨くことに熱中しながら、領主に忠誠を誓った。
これにより、戦争の技術、また武士の修練に役立つ仏教が発達した」
2投稿者:Yb  投稿日:2007年07月05日(木) 10時30分17秒
両班ってさ、働かない特権階級なんだけど、
その階級を金で売り買いした結果国の半分以上が両班になっちゃって、
生産者が皆無になっちゃったんだよな。すごい国民性だと思う。
3投稿者:こうは  投稿日:2007年07月05日(木) 10時34分16秒
そんなもん年金だって変わらん
投稿者 メール
(゚Д゚) <