米国の成人、30%にアルコール乱用・依存の経験ありと
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月03日(火) 22時41分55秒
米国の成人のうち約30%が、人生の中で1度でも、アルコールを乱用した時期やアルコ
ール依存症となった経験があることが、米国立アルコール乱用・依存症研究所(NIAAA)
などの調査で明らかになった。また、アルコール依存症に陥っても、医療機関で治療を受
けない人々が大多数であることも判明した。

 NIAAAや米国立保健研究所(NIH)などが2001─02年、米国の18歳以上の成人4万
3000人以上を対象に、対面調査を実施。その結果を詳しく分析した内容を、2日付の精神
科専門誌に発表した。

 その報告によると、男性の42%、女性の19%が、アルコールを乱用したことがある、もし
くはアルコール依存症だったことがあると回答。

 人種別に見ると、アルコール摂取による問題を抱える割合は、白人とアメリカ先住民が
ほかの人種よりも高かった。

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200707030030.html
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月03日(火) 22時42分01秒
また、アルコールの乱用やアルコール依存症に関して、何らかの治療を受けたと回答した
のは、たった24.1%。さらに、アルコール乱用に関するきちんとした治療を受けたことがあ
るのは、わずか7%に過ぎなかった。

 このほか、アルコールに依存し始めた平均年齢は22.5歳で、初めて治療を受けた平均
年齢は29.8歳と、治療を受けるまでに約8年かかっていた。また、アルコールを乱用し始め
た平均年齢は21.9歳で、初めて治療を受けた平均年齢は32.1歳と、治療まで約10年か
かっていた。

 NIHは、年齢30─64歳のベビーブーマー世代や、ジェネレーションX世代、低所得者層、
低学歴層、結婚したことがない層が、アルコール乱用に陥る可能性が高いと指摘している。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月03日(火) 22時42分34秒
アル中の皇族じいちゃん
なんでカロビじゃ叩かないの
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月03日(火) 22時44分59秒
戦後のアメリカにおける世代は、1945年〜1959年生まれのベビーブーマーと、
1960年〜1974年のX世代、そしてY世代の大きく三つに分類されています。
5投稿者:腐れ厨房(゚腐゚)  投稿日:2007年07月03日(火) 22時45分08秒
カロビはクナイチョ御用達ですから。
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月03日(火) 23時12分17秒
おれ酒飲むと頭痛くなっちゃうから
とてもアル中にはなれんね
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年07月03日(火) 23時14分18秒
人格否定したりアル中になったりと皇室も忙しいな。
投稿者 メール
(゚Д゚) <